1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. JTB ガイアレック、オンライン受講で日米両国の高卒資格を同時取得

2020年11月17日

JTB ガイアレック、オンライン受講で日米両国の高卒資格を同時取得

JTBガイアレックは16日、日本の中学・高校に通いながら、オンラインによるカリキュラムを修了することで日米両国の高校卒業証書(デュアルディプロマ)が取得できるプログラムを販売開始した。

新型コロナウイルス感染症により渡航が制限される中、将来的な海外進学への準備プログラムとしてグローバル人材育成を支援する。

同プログラムは、アメリカの名門進学校プロビデンス・カントリー・デイスクール(PCD)とアメリカ最大規模のオンライン教育プログラムを開発する会社ハドソングローバルスカラーにより共同運営され、世界24ヵ国で展開される大学進学準備プログラム。

オンラインで実施される授業は日本全国から場所を問わず参加可能。ハーバード大学卒の講師によるパーソナル指導は JTBガイアレック独自の試みで、履修コースは受講生の興味や進路希望に合わせてカスタマイズできるのもパーソナル指導ならではの特徴だという。

学習は各自で進めるオンライン自習(週2時間程度)と講師によるオンライン・ライブ個別授業(週3時間程度)で構成。授業以外にもハーバード大学の学生と共に学び、交流する特別プログラムも用意されており、英語学習や進学準備のみならず国際感覚やグローバル人材に必要な素養も養うことができる。

PCDグローバルキャンパスでは、アメリカの18大学とパートナーシップを提携。本プログラムの修了者はTOEFL/IELTS、SAT/ACT等の得点不問で学部への入学推薦が受けられる。パートナーシップ提携校はマサチューセッツ大学・アムハースト校、イリノイ大学・シカゴ校、ユタ大学、アメリカン大学など、いずれもアメリカの大学約4000校の上位 5%に入る名門大学。

得られる卒業資格はアメリカのみならず世界の大学でも認められるものであり、世界大学ランキング100位以内に名を連ねるトップ校を目指すプログラム生には、テスト対策や面接指導など進学実現に向けた多角的なサポートを受けることができるという。

関連URL

プログラム詳細(PDF)

2か月間の「すらら」学習時間を競うイベント! 2020.12.1-2021.1.31 すららCUP -ひとりじゃ見えない景色を見にいこう- すららカップエントリー受付中
Classi 導入事例 客観的データに基づく学習指導 佐賀県立致遠館中学校・高等学校
自立学習型能力開発 ICT教材の利活用にお悩みの先生へ 導入事例をご紹介 速読解力講座 速読聴英語講座 簡単入力で資料請求
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
時間と距離の課題をICTでクリア 島しょ部の生徒たちに刺激と交流の機会を マイナビニュース PR:シスコシステムズ
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 個別商談会受付中!
  • スタディサプリ これがICT教材のトータルパッケージ 1分で資料入手!
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス