1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 五大陸12カ国のキッズ達のオンライン・カーニバル22日配信

2020年11月21日

五大陸12カ国のキッズ達のオンライン・カーニバル22日配信

ワールド・キッズ・ミュージアム(WKM)は20日、同法人の特別協力パートナーとなる「バーチャル・ワールド・キッズ・カーニバル(WKC2020)」を、在スラバヤ日本国総領事館ほか、各国大使館・総領事館の後援で開催すると発表した。

インドネシアのジェンバー・ファッション・カーニバル(JFC)が主催するWKC2020では、日本を含む世界12カ国の子供達が自国の文化を紹介する衣装を身に着けてパフォーマンスを行う。YouTube等のオンラインメディアを通じて、22日の正午から14時まで生配信するという。

「WE ARE ALL ONE(私たちはみんなでひとつ)」というテーマのもと、日本を含む世界五大陸12カ国の子どもたちが自国の伝統衣装や特徴的なコスチュームを身に着けてパフォーマンスをし、事前に収録した一連の映像を、YouTube等を通じて世界に配信。

日本からは42人の子どもたちが参加するほか、日本に住む37人のインドネシア人の子どもたちも着物などの伝統衣装を身に着けて参加。子どもたちが身に着けるそれぞれの国の文化に象徴的な衣装は、お互いの国の文化を理解し、リスペクトし合うきっかけとして機能することを意図しているという。

2020年現在、世界的な新型コロナウイルスの蔓延によって、国や地域を越えた行き来が大幅に制限され、交流が困難になったことによる「分断」が深刻な問題に。こうした世界の情勢を踏まえ、インドネシアのJFCと日本のWKMは、オンラインでの世界の子どもたちの交流を実現し、グローバルな国際協調の一助とするべく同イベントを企画。

開催概要

開催日時: 11月22日(日)正午から14時(日本時間)
参 加 者: 五大陸12カ国の小児・児童(日本からは42人の日本人
と日本に住む37人のインドネシア人が参加)
※参加国数は当日までに増える場合がある。
実施方法: YouTube(JFC公式チャンネル)他で生配信

配信サイト

関連URL

World Kids Museum

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
教育ソフトウエア 採点ナビ 無料お試し

アーカイブ

  • 探究型の学びに最適! Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • 学習者用デジタル教科書の活用環境を考える 詳しくはこちら
  • 教材・校務活用ポータル kyouzai.jpへ
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス