1. トップ
  2. 学校・団体
  3. クラーク記念国際高×ポニーキャニオン、「秋葉原芸術祭オンライン」28日開催

2020年11月26日

クラーク記念国際高×ポニーキャニオン、「秋葉原芸術祭オンライン」28日開催

クラーク記念国際高校の東京・秋葉原ITキャンパスは、ポニーキャニオン監修のもと制作されたオンライン企画「秋葉原芸術祭オンライン2020」を、28日から一般公開する。

新たなエンタテイメントの形を模索し、教育活動を通じての地域活性化などを目指すポニーキャニオンと、社会性の高い教育を目指すクラーク記念国際高の方向性が合致し、両者は今年8月に包括連携を締結。

今回の芸術祭は、その包括連携の第1弾として、コロナ渦でインバウンドが減少する中、東京・秋葉原の街に再び活気を呼び戻そうと企画されたもの。

秋葉原ITキャンパスは、「声優・放送専攻」「マンガ・イラスト専攻」「ゲーム・プログラミング専攻」「AI・ロボット専攻」「eスポーツ専攻」「フットサル専攻」の6つの専攻を設置。

各々の専攻で学ぶ生徒たちが各々の特化した得意分野を使って、秋葉原の街を元気にするための作品作りを行った。

同芸術祭の目玉は、生徒が考案した、秋葉原を舞台とするストーリーを元にした動画作品「ことば」。「100回泣くこと」などで知られる小説家・中村航氏監修のもと原作・脚本化し、声優・放送専攻の学生たちがオーディオドラマを制作。

そこに、マンガ・イラスト専攻の学生たちによるイラストを加え制作した。その他、動画やマンガ、ゲームなど250点あまりの作品が公開される予定。

開催概要

公開期間:11月28日(土)0時~
公開先:特設サイト
公開方法:オンライン
参加費:無料(公開期間中は誰でも無料で視聴できる)
作品:約250点(動画9本、マンガ14本、イラスト約200点、ゲーム13本)などを予定

関連URL

クラーク記念国際高校

ポニーキャニオン

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 創造性を育む学びに Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス