1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 追手門学院大生、「プログラミング教育ワークショップ」の成果を5日に発表

2020年12月1日

追手門学院大生、「プログラミング教育ワークショップ」の成果を5日に発表

追手門学院は、同大の学生らが小学校教員向けに開催した「プログラミング教育ワークショップ」の成果などを、12月5日にオンラインで開かれる「ロボットプログラミングシンポジウム」で発表する。

ペッパーを使ったプログラミング授業をサポートする学生(2019年)

発表するのは同大経営学部の学生5人で、この間、同大と大阪府門真市が2017年に結んだ連携協定を元に、2019年度から門真市内の小学校で人型ロボット「Pepper(ペッパー)」を使ったプログラミング授業をサポートするなどの活動をしてきた。

また、今年9月には門真市の小学校教員12人を対象に、小学校で必修化されたプログラミング教育の参考にしてもらおうとワークショップも開催。

こうした活動実績を広く社会で共有しようと、5日にオンラインで開かれるNPO法人WRO Japanの「第13回ロボットを活用したプログラミング教育シンポジウム」に参加し、これまでの取り組み事例の報告と教育効果について発表する。

発表では、プログラミング教育に関わることになったきっかけをはじめ、2019年度からの門真市での取り組み、子どもたちを指導する中で得た学生ならではの気づきや、ワークショップを受講した小学校教員へのインタビューやアンケートを通じて見えたプログラミング教育の課題や必要性について説明する。

シンポジウム概要

開催日時:12月5日(土)、同大学生の発表は10:30~11:00
開催場所:オンラインで追手門学院大手前中高校6階で発表

関連URL

追手門学院大学

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Yubi Plus 先生方にもテレワークを! 埼玉県 狭山市教育委員会 様 テレワーク実践事例 詳しくはこちら
Classi 文科省指定校神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
jamf jamfは100を超える自治体で採用! Appleデバイス管理なら CLICK
ニュース記事の作成・提供 膨大なリリースから最適なネタを選択し記事化して廉価で提供 取材記事も作成可能 WANITEL Web-News Writing Service

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • 学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • クラウド授業支援 ビデオ会議機能を搭載! TeacherView
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス