1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 英語学習教材「ミライコイングリッシュ」が公式動画サイトを運用開始

2021年1月14日

英語学習教材「ミライコイングリッシュ」が公式動画サイトを運用開始

ミライコは、同社が提供する幼児向けおうち英語学習教材「ミライコイングリッシュ」の、YouTube公式動画サイト「ミライコチャンネル」が1日から本格運用を開始したことを発表した。

同チャンネルは、メインキャラクター “ハローポー” とゆかいな仲間たちが教材を飛び出し 『親子で使える英会話フレーズ』や『英語でかんたんクッキング』『季節にまつわるイベント』『絵本の読み聞かせ』などを発信。

英語はもちろん色や数、量などの認知能力を向上させ、文字で言語を学ぶなど知育要素を多く含む内容だという。また、基本的生活習慣をはじめ興味・関心を広げ、伝える言葉、挑戦してみる心など、幼児の成長を、遊びを通じてサポートできる仕組みも備わっており、多彩なラインナップが用意されている。

「ミライコイングリッシュ」の本体教材は、一切日本語を含まないオールイングリッシュ教材だが、同動画サイトでは、英語だけでなく日本語でも発信。英語であっても日本語であっても言語習得に必要不可欠なのは、コミュニケーション力。コミュニケーション力を養うことは、日本語の向上だけでなく英語学習にも直結していくものだという。

また、動画を通じて家庭内での親子のコミュニケーションを密にするきっかけ作りとなるプログラムを用意。例えば『ハローポーと英語でクッキング編』では、親子で気軽にできるレシピを用意。動画を見ながら、おうちの人と一緒に英語を使ってクッキングに挑戦して頂くことで、「この食べ物、英語(日本語)だと何て言うんだろう?」「卵は何のたまご?にわとり!」「この粉はフワフワしているね」など興味や共感に働きかける。

「考える力」「伝える言葉」「挑戦してみる心」など、今後ますます進むボーダレスでグローバルな社会で生き抜く際に大切な能力を、新しい生活様式に合わせて、楽しい!おもしろい!と感じながら育む仕組みを届けるという。

関連URL

ミライコチャンネル

ミライコ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
教育ソフトウエア 採点ナビ 無料お試し

アーカイブ

  • 創造性を育む学びに Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • 学習者用デジタル教科書の活用環境を考える 詳しくはこちら
  • 教材・校務活用ポータル kyouzai.jpへ
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス