1. トップ
  2. データ・資料
  3. 子どもに英語を教えることができないと回答した人が約7割以上 =BPS 調査=

2021年1月27日

子どもに英語を教えることができないと回答した人が約7割以上 =BPS 調査=

BPSは26日、全国の3歳~小学生の子どもをもつ母親を対象に実施した、「語学習得」に関する調査の結果を発表した。

子どもに義務教育レベルの英語を教えることについては、7割以上が『あまりできないと思う(36.1%)』『全くできないと思う(34.3%)』と回答。

「英会話が必要とされる際にニガテ・難しいと感じること(複数回答可)」の質問には、『スピーキング(69.9%)』が最も多く、次いで『リスニング(63.3%)』『ライティング(37.3%)』『リーディング(34.4%)』と続いた。

「自分や子どもは“ニガテ”を補うような英語の勉強をしていますか?」の質問には、半数以上が『特にしていない・する予定はない(52.9%)』と回答。

「英語スキルを身に付ける際に当てはまること(複数回答可)」とには、『子どもが話せるようになるために自分も勉強したい(38.8%)』が最も多く、次いで『英語がネイティブの友人を作りたい(33.1%)』『海外旅行を楽しみたい(29.3%)』『将来何かの役に立つかもしれない(21.6%)』『自分が伝えたいことがしっかり伝わるのかを知りたい(18.3%)』『異文化交流を通じて視野を広げたい(16.2%)』『TOEICやTOEFLよりも実際に活きた英語を習得したい(16.1%)』と続いた。

BPSは『My American Family』を運営。今回の調査は、1月6日、7日。全国の3歳~小学生の子どもをもつ母親1132人を対象にインターネット調査を行なった。

関連URL

My American Family

BPS

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス