1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 武蔵野大学、全学生が「基礎的なAI・データサイエンス」「SDGs」など学ぶ

2021年1月29日

武蔵野大学、全学生が「基礎的なAI・データサイエンス」「SDGs」など学ぶ

武蔵野大学は新たな全学共通基礎課程「武蔵野INITIAL」を4月から開始する。

全学生が教養課程で1年次に「基礎的なAI・データサイエンス」「SDGs」などに関する科目を学ぶ。また、Society5.0が実現する未来社会で活躍するために、学部学科を問わず希望者全員が副専攻として「AI活用エキスパートコース」を履修し、実践的なAI活用スキルを修得できるようにする。

同学では2010年から全学共通の教養教育プログラム「武蔵野BASIS」を導入。今回リニューアルする「武蔵野INITIAL」は、現在の学生が社会の中核で活躍する2050年を想定して展開する。文理を問わず全学生を対象に、新たに「AI・プログラミング・データサイエンス」「SDGs」を必修科目として追加し、現行のプログラムをさらに強化した。

従来の情報分野にAI・データサイエンス・プログラミングに関する科目を新たに加え、自ら問いを立て、情報を収集・分析し、最適な答えを提案する力を養う。また「AI活用エキスパート」の副専攻を用意し、指定科目を修得した学生には修了証を卒業時に授与する。

さらに、SDGsに関する科目4単位を必修として、SDGs 17目標のテーマを教員の専門性を活かして展開する。世界の幸せを考え、課題に気づき、世界と自己の関係を学びつつ自身の問題意識を醸成し、主体的な学びと実践の姿勢を身につけることを目指す。

関連URL

「武蔵野INITIAL」

副専攻「AI活用エキスパートコース」の解説動画

武蔵野大学

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
教育ソフトウエア 採点ナビ 無料お試し

アーカイブ

  • 創造性を育む学びに Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • 学習者用デジタル教科書の活用環境を考える 詳しくはこちら
  • 教材・校務活用ポータル kyouzai.jpへ
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス