1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 東京医科大、救命救急VR教材を開発し臨床実習の補助教材として導入

2021年1月29日

東京医科大、救命救急VR教材を開発し臨床実習の補助教材として導入

東京医科大学は27日、コロナ禍での実習不全から学生教育に生かすため、学生も参加して臨床実習用のVR教材開発を進め、1月から救命救急の臨床実習の補助教材として導入していると発表した。

VRヘッドセットで、能動的に処置を見ることができる

重症かつ緊急の患者を受け入れている救命救急センターの臨床実習において、従来の見学型臨床実習では、同時多発的に複数箇所で様々な処置が行われるため、学生は受け身にならざるを得ず、「見えない、わからない、だからつまらない」という課題があった。

今回、東京医科大学 救急・災害医学分野の織田順主任教授が開発したVR教材を導入することで、これらの欠点が改善される。これは以前から構想していたもので、コロナ禍で感染対策のため、学生が実習自体受けられないという状況から必要性が加速し、開発が一気に進っmだという。

このVR教材は、複数の医師、看護師等のスタッフにより同時多発的に行われる手技やスタッフの動きを、360度カメラで撮影したものに解説等を加えたもので、学生は、手技やスタッフの動きを、様々な立ち位置、角度から何度も繰り返し観察することができ、能動的に学ぶことができる。また、教員は学生がどこを見ているかミラーリングで把握でき、見るべき手技に「注目」させることができる。

東京医科大学では、VR教材のコンテンツ開発にあたり、実際に教材を使うことになる学生も開発会議に参加しており、教員と学生が一体となった取組みに発展している。学生がVR教材を使うための「事前学習資料」を学生目線で作成しており、2021年1月から、救命の臨床実習(医学科第4~5学年)の補助教材として導入している。

関連URL

織田主任教授のインタビューなど

 

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
YubiPlus 校務支援システムの二要素認証ログイン 長野県教育委員会 導入事例 シンプルでわかりやすい! 詳しくはこちら
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
NEWSサイト作成・運営 オウンドメディアに最適 wanitel

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • Biz安否確認/一斉通報 アカデミックプラン 教職員・学生の健康管理に
  • 使いやすさNo.1の充電保管庫 早割キャンペーン 詳しくはクリック! lockncharge
  • Microsoft Surface 生徒の学びのためのSurface Laptop SE NEW 税抜2万円台~
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス