1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. AI×アダプティブ教材「すらら」、「スピーキングAI」搭載し英語4技能に対応

2021年2月17日

AI×アダプティブ教材「すらら」、「スピーキングAI」搭載し英語4技能に対応

すららネットは16日、同社のAI×アダプティブ教材「すらら」に、英語の発音を判定しフィードバックする「スピーキングAI」の搭載を開始したと発表した。

「すらら」英語は、「スピーキングAI」の搭載で、これまでの「読む」「聞く」「書く」の3技能学習に「話す」学習が加わり、英語4技能を学習できるコンテンツに進化。

「スピーキングAI」では、発話内容がスコアで判定されるとともに、単語を音素ごとに分解し、得意な発音や苦手な発音をAIが細かく判定。自分の発音が、そのまま発音記号で表示され、正しい発音との違いがよく分かり、自分で発音を改善することができる。

また、発音した単語や文章のどの部分をどのように改善できるかについてもアドバイス。そのため、これまで通りの「すらら」での学習に加え、1人で「話す」力の向上に取り組める。

「スピーキングAI」は、「すらら」中学生版、高校生版のドリルと、「すらら英単語」の一部に搭載。

「すらら」で学習しながらワンタップで気軽に取り組むことができ、英会話教室やオンライン英会話などでの学習と比較し、時間や費用の負担を気にせず思い立ったらすぐに学習に取り組める。

「すらら」での学習の場合、学習中のドリルを素材として取り組むため、「話す」「聞く」取り組みを強化することで学習内容の定着に役立てることもできる。

また、直感的に分かりやすいレベル表示や100点満点でのスコア表示、「すらら」の特長であるスタディログ機能で、ゲーム感覚で練習を重ねることでレベルアップが可視化でき、モチベーション向上効果も期待できる。

関連URL

アイード(英語スピーキング評価AI)

すららネット

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
YubiPlus 校務情報を安心・安全に利用 校務用PCの二要素認証ログイン 秀明英光高等学校 導入事例 詳しくはこちら
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
NEWSサイト作成・運営 オウンドメディアに最適 wanitel

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • RICHO 戸田市 STEAM教育実践オンラインセミナー 2022年2月21日 ご登録はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス