1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. AI×アダプティブ教材「すらら」をNPO「カタリバ」の教育支援事業に提供

2021年6月18日

AI×アダプティブ教材「すらら」をNPO「カタリバ」の教育支援事業に提供

すららネットは17日、同社のAI×アダプティブラーニング教材「すらら」を、NPOカタリバが行っている、生活困窮・不登校・外国籍など様々な環境ハンデを抱える子どもたちへの教育支援事業に提供すると発表した。

今回の教材提供は、同社が取り組む「貧困」という社会課題の解決に向けた取り組みとして、カタリバが実施する支援事業に賛同し、実施するもの。

同社は、ICTを活用して「教育格差」の解決を目指しており、今年5月には、どのような社会課題を解決し、どのような成果(アウトカム)を目指すのかについて定性・定量の両側面から見える化するため、インパクト評価に取り組んでいる。

その中で、「貧困」を、「不登校」「発達障がい・学習障がい」「低学力」とならび同社が取り組む4つの社会課題の1つと位置付け、国内外の経済的に困難な家庭への学習機会を提供する活動の成果(アウトカム)として評価。

一方、カタリバはコロナ禍以前から、生活困窮・不登校・外国籍など、様々な環境にハンデを抱える子どもたちに学びの機会を提供。2020年3月からは、PCとWi-Fiを無償で貸出し、オンラインの教育の可能性を届ける「キッカケプログラム」をスタートさせた。

これらのオンラインの学び支援では、賛同する複数企業からサポートを受け、デジタル学習教材の利活用も行っている。

「すらら」は、小学校から高校までの国語、算数/数学、英語、理科、社会の5教科の学習を、教師役のアニメキャラクターと一緒に、一人ひとりの理解度に合わせて進めることができるアダプティブな eラーニング教材。小・中・高校、学習塾をはじめ、放課後等デイサービスなどでも活用が広がっている。

関連URL

カタリバ

すららネット

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス