1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 学研ステイフル、第11回Gakkenニューブロック作品コンテストを4月から開催

2021年3月12日

学研ステイフル、第11回Gakkenニューブロック作品コンテストを4月から開催

学研ステイフルは、新商品の発売とロゴのリニューアルを記念し、 「第11回Gakkenニューブロック作品コンテスト」を4月1日~8月31日の5カ月間開催する。

今回のコンテストは、プラットフォームに「Instagram」を採用し、ニューブロックを使って創り上げた作品画像(または動画)を、「#ニューブロック作品コンテスト2021」を付けて投稿することで応募できるのが特徴。

さらに今回も昨年に引き続き、学研教育みらいとの共催で、「団体部門」を設置し、乳幼児施設(幼稚園・保育園・こども園等)で子どもたちが作った作品を募集。キャンペーンの詳細は3月下旬からホームページでみることができる。

開催概要

実施期間:
【一般部門】 4月1日(木)~8月31日(火)
【団体部門】 5月1日(土)~8月31日(火)(一般部門とはスタート日が異なる)
実施地域:全国
懸賞方式:オープン懸賞
応募方法:
【一般部門】
①Gakkenニューブロック公式アカウントをフォロー
②ニューブロックを使った作品画像(または動画)を「#ニューブロック作品コンテスト2021」を付けて投稿。その際に、必ず、作品のタイトル・作品を作った方の年齢の記載をする。※1作品につき1投稿。
【団体部門】
Gakkenニューブロック公式ホームページ内、作品コンテスト団体部門作品投稿ページから応募
入選の発表方法:厳正なる審査を行い、発表は学研ステイフル ニューブロック公式ホームページ内で行う。
応募条件等:
【一般・団体共通】
・応募は1回の投稿につき1作品に限る。
・期間中であれば何回でも応募が可能。
・応募作品は本人が製作した未発表のものに限る。
【団体部門】
・応募は乳幼児施設(幼稚園・保育園・こども園、等)に属する団体に限る。
・応募は学研のニューブロックまたはモノブロックで作成した作品に限る。

InstagramのGakkenニューブロック公式アカウント:@gakken_newblock

関連URL

ニューブロック

学研

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Yubi Plus 先生方にもテレワークを! 狭山市実践事例 詳しくはこちら
Classi 導入事例 客観的データに基づく学習指導 佐賀県立致遠館中学校・高等学校
jamf jamfは100を超える自治体で採用! Appleデバイス管理なら CLICK
オンライン授業・学習支援システム TeacherView

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 活用事例集プレゼント!
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス