1. トップ
  2. データ・資料
  3. AIは社会人必須スキルの時代、若手社会人も習得すべき =スキルアップAI調べ=

2021年3月22日

AIは社会人必須スキルの時代、若手社会人も習得すべき =スキルアップAI調べ=

スキルアップAIは18日、20日に実施される2021年第1回G検定試験を前に、基礎的なAIの知識の習得について、アンケート調査を実施し、結果を発表した。


アンケートでは、「G検定の範囲の知見を有しているべきと思う人はどんな人ですか。(複数回答可)」との質問に対し、「研究・技術職」が28票と最も多いものの、「企画職」が24票、「経営者・役員」と「営業職」が22票で続き、「製造・販売職」が8票。また、「すべての職種」との回答も18票 (「一般事務職」としては0票だったが、「すべての職種」に含まれているという)。

G検定の勉強をしている人は、G検定で学ぶようなAIを活用するための基礎知識をエン
ジニアなどの研究・技術職など一部の人だけでなく、あらゆる職種の人が身に着けることが
望ましいと考えていることが明らかに。実際にAI活用のための勉強をしている人の見解として説得力があるという。

また、「G検定を取得するとしたらどのタイミングが望ましいと思いますか。」との質問に対しては、「学生のうちに」(12票)と「若手社会人の間に」(27票)で全体の約85%となり、そ
の他「中堅社会人の間に」(6票)、「管理職・経営者になった後」(1票)。

今後AIを活用する場面が広がっていくことが想定されることから、早め早めの段階で知
識を習得しておくことが望ましいと考えられいることがわかる。自由記述の中では「AIは、今後はExcelのように普通に利用する技術になると思った」とAIの浸透を予想する声や、「AI無しに新しい技術やビジネスの議論が難しくなりつつある」という切実な声もあり、AIが必須のスキルとなる時代がすぐそこまで来ていることを改めて実感したという。

このアンケート調査は、3月10日に開催したスキルアップAIキャンプ第9回「G検定直前対策セミナー 深層学習編」の受講者に対し任意でアンケートへの回答を依頼。有効回答数は46。

関連URL

スキルアップAIキャンプ

スキルアップAI

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
教育ソフトウエア 採点ナビ 無料お試し

アーカイブ

  • 創造性を育む学びに Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • 学習者用デジタル教科書の活用環境を考える 詳しくはこちら
  • 教材・校務活用ポータル kyouzai.jpへ
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス