1. トップ
  2. データ・資料
  3. 小中学校の「1人1台端末整備」、3月中に9割方が完了見込み =先端教育機構調べ=

2021年3月22日

小中学校の「1人1台端末整備」、3月中に9割方が完了見込み =先端教育機構調べ=

先端教育機構と同機構出版部が発刊する月刊「先端教育」は、GIGAスクール構想にともなうオンライン教育の実態を調査するため、全国313の市区町村教育委員会を対象に実施した「オンライン教育アンケート調査」結果の一部を、速報値として19日に発表した。

それによると、「1人1台端末整備」は、3月中に9割前後の公立小中学校で完了する見込みであることが分かった。コロナ禍で整備スケジュールが当初の予定より前倒しとなり、2021年度から「GIGAスクール元年」が幕を開けることになる。

端末のOSに関しては、小学校はiOS・Chrome・Windowsがほぼ同率で割れている一方、中学校ではChromeとWindowsが2トップだった。

中学校より小学校でiOSを導入する比率が高く、小学校では直感的に操作しやすいタブレットを好む傾向があると思われる。

端末の利活用範囲については、授業・学校内の活用が半数以上を占める一方で、およそ3自治体のうち1自治体が「学校外(自宅など)も含めて活用する」と回答。

「当面は授業に限定する」は8%と僅かで、端末の積極的な利活用に向けて前向きに検討していることが伺える。

また、端末の利活用で課題と考えていることは、「教員全員がICT機器の最低限の基本操作・知識を身に付けること」や「教員のICTを活用した指導力向上」といった教員の研修や、「ICT支援員の確保」などサポート体制に関する内容が、最多の29.7%を占めた。

次いで、端末の持ち帰り(家庭学習での利活用)と、端末の管理・更新などに関わるコストが9.6%だった。

この調査は、全国市区町村の教育委員会(送付数:1741件、回答数:313件)を対象に、3月1日~16日にかけて、WEBフォームを利用したアンケートという形で実施。なお、調査結果の「全体版」は、月刊「先端教育」5月号(4月1日発売)に掲載予定。

関連URL

速報値の詳細(先端教育オンライン)

先端教育機構

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス