1. トップ
  2. 学校・団体
  3. UMEDAI、『SDGs探究AWARDS 2020』受賞者発表および受賞者作品公開

2021年3月25日

UMEDAI、『SDGs探究AWARDS 2020』受賞者発表および受賞者作品公開

未来教育推進機構(UMEDAI)は23日、第2回『SDGs探究AWARDS 2020』の表彰式で受賞者を発表、受賞作品を公式サイトで公開したと発表した。

同機構は、中高生・学生を対象に、持続可能な開発目標(SDGs)をテーマとした探究活動の発表の場として『SDGs探究AWARDS』を設立。第2回目の開催となる今年度は、昨年の約2倍にのぼる総数1953件がエントリーした。3月21日にはオンラインで表彰式を開催。受賞者が受賞作品を元にオンラインでプレゼンテーションを行うほか、受賞者同士の交流も行われた。

昨今、教育現場ではSDGsをテーマとした探究学習が実施されるようになり、また企業や自治体に関しても、SDGs達成に向けた様々な取り組みの必要性が叫ばれている。同機構はこのアワードを継続的に開催し、エントリーされた作品を広く公開することで、学校での授業や企業、自治体が取り組むときの参考材料として、活用できるようにと実施している。

『SDGs探究AWARDS2020』は、「世界の国や地域におけるSDGs達成のために、私たちができる、または実施しているアクションについて」をテーマに開催。昨年に引き続き作品の形式を自由としたことで、中高生・学生から自由な発想の作品が集まった。また総合学習や探究学習の時間で、新たに学年・学校単位で授業の一環として取り組んだ学校もみられた。
中高生部門の最優秀賞には、山形県立村山産業高等学校機械科の『工業生の足踏み式消毒スタンド大作戦!! ~新型コロナと戦う武器を広めたい~』が受賞し、優秀賞は4作品が受賞した。学生部門の最優秀賞は今年度は見送られ、優秀賞4作品が選ばれた。

『SDGs探究AWARDS2020』受賞作品公開ページ

関連URL

未来教育推進機構

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス