1. トップ
  2. データ・資料
  3. 全国の新聞社21社による調査、「SDGsを知っている」小学生は約5割

2021年3月26日

全国の新聞社21社による調査、「SDGsを知っている」小学生は約5割

朝日学生新聞社をはじめ、子ども新聞、子ども向け紙面をつくる全国の新聞社21社は、小学生を対象に「よりよい世界をつくるためには」という内容のアンケートを実施し、25日にその結果を公表した。

調査は全国の小学1年生~6年生を対象に12月4日~1月31日に行われ、1万5104件の有効回答を得た。それによると、SDGsを知っていた子どもは全体の48.5%、環境のために何かに取り組んでいた子どもは92%以上に上った。

SDGsの17の目標の中で興味があるのは、1位「海の豊かさを守ろう」2位「安全な水とトイレを世界中に」3位「人や国の不平等をなくそう」となった。85%以上の子どもが地球の未来を心配しており、いま住んでいる街に住み続けたいと答えた子どもは約8割に上った。

多様性という言葉を聞いて一番に思い浮かぶのは、障害のある人もない人も一緒に働いたりスポーツをしたりできること。日本が世界と協力して取り組むべき課題には、争いを減らすことや地球温暖化防止が挙がった。

26日にリモートで開催される第4回「こども新聞サミット」では、こうした結果を踏まえて「よりよい世界」について議論を深めていく。

関連URL

調査結果の詳細

朝日学生新聞社

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス