1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. アサヒ飲料、「持続可能な環境と水資源」がテーマの小学生向け副教材を全国684校に配布

2022年1月12日

アサヒ飲料、「持続可能な環境と水資源」がテーマの小学生向け副教材を全国684校に配布

アサヒ飲料は11日、「持続可能な環境と水資源」をテーマにした副教材を、事前に送付希望を募った全国の小学校684校に計10万部配布すると発表した。


配布する冊子は、小学6年生の理科「人と環境のかかわり」の単元に該当する副教材として制作。日常生活に欠かせない飲料水が出来るまでを、同社の「三ツ矢サイダー」の生産工程を例に挙げて説明している。

ろ過によって水を磨き、さらに硬度調整を行い、「磨かれた水」が使われていることや、製造過程で使用した水は工場内で再利用され、きれいにしてから川に返していることなど、飲料水製造という視点から「水」について幅広く学べる内容になっている。

今年からは、2次元コードでPETボトル飲料の生産過程の動画を閲覧できるようにして、紙面上で得られる情報を超えた学びにつなげる。

また、SDGs「6:安全な水とトイレを世界中に」「12:つくる責任、つかう責任」、「14:海の豊かさを守ろう」について具体例を挙げ、1人ひとりが日々の生活でできることや、企業の取り組みを通じて理解を深め、子どもたちが持続可能な世界を目指すために、何ができるかを考え、学んでいく。

昨年は379校の小学校へ配布し、授業で活用された。379校へのアンケートも行い、うち136校が回答した結果、97%の教師から「よかった」と高い評価を得たという。

関連URL

アサヒ飲料

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス