1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. Studyplus for School、新機能「コンテンツ配信機能」をリリース

2021年4月1日

Studyplus for School、新機能「コンテンツ配信機能」をリリース

スタディプラスは3月31日、同社の教育機関向け学習管理プラットフォーム「Studyplus for School」に、「コンテンツ配信機能」をリリースしたと発表した。

同機能は、教師が収録した動画や教材などのコンテンツを、コースとしてパッケージ化し、生徒に配信することができる。

生徒は、配信されたコースを学習し、ワンクリックでStudyplusに学習記録をつけることができる。教師はコースごとの学習記録を確認でき、配信したコンテンツに対しての生徒の学習状況を正確に把握できる。

なお、生徒が「コース」の学習記録をつける機能は4月6日にリリース予定。

同機能の使い方は、まず、①配信したい動画URLやPDF/画像ファイルを「コンテンツ」として登録する。コンテンツとして登録できるのは、YouTubeまたはVimeoの動画URL、PDFファイル、jpg/png形式の画像ファイル。

次に、②生徒に配信する「コース」を登録。①で登録した「コンテンツ」を設定し、生徒に配信する「コース」としてパッケージ化していく。「コース」は、自教室で独自に作成するだけでなく、他教室で作成された「コース」を登録することもできる。

そして、③「コース」の配信先を設定する。「コース」の配信先として、タグ(教師が独自に作成したタグ)を設定。配信タグを設定すると、タグに該当する生徒が配信予約され、配信生徒一覧画面で表示される。

以上の方法で、翌朝7:00に、コース学習用URLが記載されたメッセージが、生徒に自動送信される。配信予約された生徒に対してコース学習用のURLが発行され、URLが記載されたメッセージが自動送信。生徒は、そのURLからコースの学習を開始できる。

関連URL

「Studyplus for School」

スタディプラス

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス