1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. リンクトイン、今働きたい会社「TOP COMPANIES 2021年版」トップ25を発表

2021年5月6日

リンクトイン、今働きたい会社「TOP COMPANIES 2021年版」トップ25を発表

世界最大のビジネス特化型ソーシャルネットワーキングサービスのLinkedInは4月28日、現在働きたいと思う会社をデータから明らかにする「TOP COMPANIES(トップカンパニー)2021年版」のトップ25社を発表した。


日本のランキングでは、グローバルなIT企業が安定して強さを示した一方、世界を舞台に勝負する日本企業のランクインも目立つ結果となった。

同調査は米国で2015年から開始し日本では2回目となる。今年は日本を含む20カ国・地域で実施。リンクトインでユーザーが入力したプロフィールのデータを「昇進の可能性」「スキルの獲得」「仕事の安定度」「社外からの魅力」「社内のつながり」「社員の多様性」に基づいて分析した。社員数や採用情報は、リンクトインの採用支援ツールであるLinkedIn Talent Insightsの2021年2月時点のデータや公開されている情報から得た。

今年の日本のランキングの傾向は、日本企業のランク入りが増加、日本の伝統的な製造業のランクイン、グローバルなIT企業の安定した強さなどが見られた。

2019年にトップ10入りした楽天グループに加え、今年はNTTグループ、ソフトバンクグループが上位に名を連ねた。さらに、ソニーグループやメルカリなど、世界を舞台に活躍する日本企業もランク入りしている。

また、日立製作所、NEC、富士通、パナソニックなど、日本の伝統的な製造業から企業が多数ランクインした。これらの企業は、デジタルトランスフォーメーション(DX)を中心に大胆な構造改革を進めており、デジタル人材の獲得にも意欲的だという。

前回に続いて今年もアマゾン・ドット・コムがトップとなった。4位のIBMのほか、オラクルやアルファベットなどの世界的なIT系企業がランクインしている。

調査期間は2020年1月1日から2020年12月31日まで。対象国・地域は、オーストラリア、ブラジル、カナダ、中国、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、オランダ、インド、メキシコ、英国、米国、アラブ首長国連邦、カタール、サウジアラビア、日本、シンガポール、マレーシア、フィリピンの20カ国。対象企業は2020年12月31日の時点で該当国/地域の社員数が500人以上、過去12カ月間の社員離職率が10%未満。ランキングは親会社のみを対象とし、子会社の情報は合計スコアに集約した。

関連URL

リンクトイン

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 創造性を育む学びに Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス