1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. ワットエバー、園を対象に「らくがきAR」の無料プレゼントキャンペーン開催

2021年5月14日

ワットエバー、園を対象に「らくがきAR」の無料プレゼントキャンペーン開催

Whatever(ワットエバー)は12日、自社で企画・開発した、自分が描いたらくがきに命を吹き込むことができるARアプリ「らくがきAR」が第24回文化庁メディア芸術祭エンターテインメント部門及び、iF design Award 2021 Product部門、Communication部門を受賞したことを記念して、全国の保育園・幼稚園・認定こども園を対象とした、らくがきARの無料プレゼントキャンペーンを開催すると発表した。

らくがきARは、みんなが思い描いていた「じぶんの描いたものに命を吹き込めたら…」という想いを具現化させたアプリノートやホワイトボード、どこに描いたらくがきでも、このアプリでスキャンすると命が吹き込まれ、スマートフォンやiPad等を通してバーチャル空間を歩きだすという。

2020年8月1日にiOS版を先行リリースし、配信開始5日で46万ダウンロードを達成。著名な漫画家・イラストレーターが紹介したことでTwitterのトレンド入り(6位)を果たし、世界8カ国(日本・中国・韓国・台湾・香港・シンガポール・タイ・インドネシア)の有料App 総合ランキングでも1位を獲得。国内外50以上のWebメディア、複数のテレビ番組で紹介され、App Storeで2020年最もダウンロードされた有料Appランキング1位を獲得。

キャンペーン概要

プレゼント内容:らくがき AR(iOS版)ダウンロード用 URLをプレゼント
※対応機種はiOS12.0以上、iPhone、iPad。Android版は対象外。
対象:日本全国の保育園・幼稚園・認定こども園
※申込者は園の先生またはそれに準ずる人限定。個人での応募は不可。
プレゼント数:先着 50園(1園につき、20ダウンロードまでプレゼント)
プレゼント期間:5月13日(木)11時~予定園数に達した時点で受付終了。
プレゼント予定日:5月17日(水)11時~ 応募があった園から順次対応。

詳細

関連URL

らくがきAR

Whatever

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Yubi Plus 先生方にもテレワークを! 埼玉県 狭山市教育委員会 様 テレワーク実践事例 詳しくはこちら
Classi Welcome to talk共催 コロナ禍のメンタルヘルスケア対策 “明日使える”生徒指導のポイント 6/25(金) 16:00~ 無料
jamf jamfは100を超える自治体で採用! Appleデバイス管理なら CLICK
ニュース記事の作成・提供 膨大なリリースから最適なネタを選択し記事化して廉価で提供 取材記事も作成可能 WANITEL Web-News Writing Service

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • クラウド授業支援 ビデオ会議機能を搭載! TeacherView
  • turnitin 無料eBook配布中 「アカデミック・インテグリティとは? その役割と重要性について」 無料ダウンロード
  • オンライン受検実施 AI検定 公開試験日 2021年8月1日(日) 情報処理能力認定委員会 サーティファイ
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス