1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. Whatever、自分が描いたらくがきに“命”を吹き込むアプリ「Rakugaki AR」配信

2020年8月4日

Whatever、自分が描いたらくがきに“命”を吹き込むアプリ「Rakugaki AR」配信

Whatever Inc.(ワットエバー)は、自分が描いたらくがきに“命”を吹き込むことができるARアプリ「Rakugaki AR(らくがきAR)」の配信を、1日から開始した。

このアプリは、ノートやホワイトボードなど、どこに描いたらくがきでも、スキャンすると“命”が吹き込まれ、スマホやiPadなどを通して、バーチャル空間を歩き出す。

“命”が吹き込まれたらくがき達には、ご飯をあげたり、突っついたりと、ちょっかいを出すこともできる。

遊び方は、まず、背景が白のノートやホワイトボードに、好きなペン・色を使ってらくがきをする。そして、描いたらくがきを同アプリのスキャン機能で読み取る。

すると、落書きに“命”が吹き込まれ、画面をタップすると、ご飯をあげたり、突っついてらくがきを弾き飛ばしたりして遊べる。

同アプリの配信を記念して、先着1000人限定の無料ダウンロードキャンペーンも1日から開催中。

また、同アプリは、1日にプレオープンした「角川武蔵野ミュージアム」(埼玉・所沢市)で、期間限定で展示される。

Whateverは、東京、ニューヨーク、台北、ベルリンを拠点として活動しているクリエイティブ・スタジオ。広告、イベント、TV番組の企画・制作、サービス・商品開発などで、「世界の誰も見たことがないけれど、世界の誰もが共感できる」ようなアイデアを作成している。

関連URL

「Rakugaki AR(らくがきAR)」
(詳細)
(ダウンロード)
Whatever

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス