1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. プログラミング教材「ライフイズテックレッスン」、利用市区町村が300を突破

2021年5月19日

プログラミング教材「ライフイズテックレッスン」、利用市区町村が300を突破

ライフイズテックは18日、同社のプログラミング学習用EdTech教材「Life is Tech! Lesson(ライフイズテックレッスン)」を利用している市区町村が300を突破したと発表した。

同社は、2019年に公教育向けに同教材の提供を開始。2020年7月には86自治体が利用するようになり、今年5月現在で利用市区町村が300を超えた。

同教材が数多くの自治体に選ばれている理由は、①自治体内での学校間格差を解消することができる、②社会で活きるスキル(テキストコーディング)を学ぶことができる、③教師が自信を持って授業をするための研修を受講することができる、の3点だという。

また、福岡市・奈良市・益田市などでは、今年度から自治体予算で同教材を全校に導入することを決定。他の自治体でも、今年度の実証導入を経て来年度の予算化に向けた検討が進んでいる。

そこで同社では、新学習指導要領に沿ったプログラミング教材の導入やICT教材を検討している自治体向けに、同教材のサービスや、経産省「EdTech導入補助金」を活用したプログラミング教材導入に関するオンライン説明会を開催する。

同教材は、中・高校向けに、一人ひとりの理解度に合わせて個別最適なプログラミング学習を実現するEdTech教材。プログラミング教育未経験の教員でも簡単に導入でき、全国1000以上の学校に採用されている。

「オンライン説明会」概要

開催日時:毎週月曜・金曜15:00~16:00、水曜11:00~12:00
開催方法:Zoomを利用(後日URLを送付)
対象者:市区町村教育委員会
内容:「ライフイズテックレッスン」の自治体での導入事例、「EdTech導入補助金」の活用
参加費:無料
申込み

関連URL

「ライフイズテック レッスン」

「EdTech導入補助金」

ライフイズテック

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 私立中学・高校様向け ICT利活用サポートデスク オンラインICT支援員 【限定】無料トライアル 参加校募集 NTTLS
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス