1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. インフォマティクス、地理教育向けWebGISサービス「地史まっぷ」モニター校募集

2021年6月4日

インフォマティクス、地理教育向けWebGISサービス「地史まっぷ」モニター校募集

インフォマティクスは3日、同社の提供する「地史まっぷ(じーしーまっぷ)」に、高校地理のフィールドワークに便利な写真機能をリリースしたと発表した。

同社は、2022年度から全国の高等学校で必修化される地理総合、選択科目となる地理探求の授業で利用できる地理教育向けWebGIS(地理情報システム)サービス「地史まっぷ」を提供している。このたび、地理授業のフィールドワークに便利な、地図データに写真を連携できる新機能をリリースした。

地史マップはインターネットに接続するだけで利用できるWebGISで、パソコンやタブレット、スマートフォンで手軽に操作できる。簡単に地図を統計情報で色分けしたり重ね合わせたりでき、地図を通してデータの関連性の気づきを得られる。

今回リリースされた写真連携機能では、写真の位置情報から地図上に点(ポイント)を登録することができる。点(ポイント)にはメモや日付も記録でき、PDFやExcelなどのデータも連携できる。

同社では、チュートリアルや操作マニュアルを用意するとともに、各校の導入事例や授業で利用できる各種地理データなど、豊富なコンテンツを提供している。また合わせて、地史まっぷを無償で利用できるモニター校を募集している。

関連URL

「地史まっぷ」

無料モニター校の詳細・申込

インフォマティクス

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス