1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 武蔵野大学、「外国人就労者に対する初任日本語教師のための研修」10月オンライン開校

2021年7月30日

武蔵野大学、「外国人就労者に対する初任日本語教師のための研修」10月オンライン開校

武蔵野大学地域交流推進室は、10月2日から「令和3年度文化庁委託事業」として「外国人就労者に対する初任日本語教師のための研修」をオンラインで開講する。日本企業で活躍したい留学生を含む多様な就労者を対象に、現場の課題に対応した日本語教育が提供できる教師の育成を目指す。

日本で仕事をする外国人は2019年には10年前の3倍となり、外国人と共に暮らす多文化共生社会の時代を迎え日本語教育はその必要性を増す一方で、日本語教師は不足している。同大学では令和3年度文化庁委託の「ビジネス日本語研究会の知財を活用した就労者に対する初任日本語教師のための研修普及事業」を「一般研修」と「育成研修」の2つの講座でオンライン開講する。

一般研修は日本語教師として経験のある人を対象とし、外国人就労者に特化した日本語教育の概要、コースデザイン、教育方法を学びながら、実習で実力を磨く。また、「就労者のための日本語教師研修の運営」に携わろうとする人を対象とする育成研修は、一般研修の全10回に加え、前に2回、後に1回、研修の運営方法を学びながら、一般研修を運営の立場で受講、講師のアシスタントをし、受講生へのアドバイスをすることを通して実践力を身につける。

開催概要

一般研修期間: 10月16日~12月25日/育成研修期間: 10月2日~2022年1月8日
開催方法:オンライン ※12月18日のみ対面実習
対象者:下記、1~3すべてを満たす人
1.日本語教師の資格を有する人
2.初級・中級・上級のすべての教授経験を有する人
3.受講に必要なオンライン環境を整えることができる人
定員:一般研修60名(北関東/甲信・南関東・近畿・中国/四国の4地域各15人) ※選考あり/育成研修5~8名 ※選考あり
申込締切日8月31日

参加申込
一般研修
育成研修

関連URL

武蔵野大学

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 新規利用自治体募集 ※条件・応募自治体数上限あり 2024年3月まで無償 オンライン説明会開催中
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス