1. トップ
  2. 学校・団体
  3. N/S高× Slack Japan、コラボイベント「N SlackDay」開催

2021年7月30日

N/S高× Slack Japan、コラボイベント「N SlackDay」開催

角川ドワンゴ学園 N高等学校(N高)およびS高等学校(S高)は、Slack Japanの協力のもと、N/S高生限定オンラインイベント「N SlackDay」を8月3日に開催する。

このイベントは「Slackの魅力をもっとたくさんの人に知ってほしい」という現役N高生の発案によるもの。

Slackは多くの企業で利用されている、ビジネス向けメッセージングプラットフォームだが、N/S高では、クラスのホームルームやネット部活、生徒同士の雑談など毎日のコミュニケーションツールとして活用している。活用方法は多岐にわたり、生徒にとっては Slackが教室であり、部室であり、保健室であり、まさに校舎のような場所になっているという。

同イベントではSlack Japanの社員が登壇し、学校生活や友達との交流で知っていると役立つ情報を直々に教えてもらうという。学園の公式イベントとしてSlackをテーマに行うのは初めて。またSlack Japanとしても高等学校とこのようなオンラインイベントを行うのは初めての試み。

N/S高のSlackには、目的別に作られた公開チャンネル数が1万以上存在する。また、コメントについた「いいね」の数をカウントして定期的に褒めることで生徒のSlackの利用を促す機能や、チャンネルに参加した新しい生徒に歓迎コメントを自動的に表示する機能を用意するなど、生徒が安心して楽しくSlackを使えるような環境づくりに努めている。N/S高のほか、N中等部でもSlackを活用している。

N高は今年の3月にSlack Technologies社が主催する初のカスタマーアワード「Slack Spotlight Awards 2021」において、世界の中から優れた教育機関に贈られる「Slack教育部門賞(日本)」を受賞。この賞は、Slackを意欲的に活用してデジタルトランスフォーメーションを実践し、コロナ禍の状況においても生徒に継続して適切な学習環境を提供することに成功した世界の教育機関に贈られたもの。

開催概要

開催日時:8月3日(火)14時00分~15時00分、15時30分~16時30分(二部構成)
登壇者:
・Slack Japan日本法人代表 佐々木聖治氏
・Slack Japanカスタマーサクセス事業本部 ディレクター 相川仁夫氏
・Slack Japanビジネスグロース事業本部 ディレクター 生垣侑依氏
・Slack Japanカスタマーサクセス事業本部 カスタマーサクセスマネージャー 藤井良氏、飽浦明日香氏
・角川ドワンゴ学園 N高等学校 イベント発案者 横内勇気さん
プログラム内容:Slack活用トレーニングイベント(一部)、Slack Japan交流セッション(二部)
対象者:N/S高の生徒、学園の教職員

関連URL

Slack Spotlight Award 2021

N高等学校/S高等学校

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 新規利用自治体募集 ※条件・応募自治体数上限あり 2024年3月まで無償 オンライン説明会開催中
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス