1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 合同出版、『今日から使える!特別支援iPad活用法 見える・わかる・できる・使える111のアイデア』発売

2021年9月7日

合同出版、『今日から使える!特別支援iPad活用法 見える・わかる・できる・使える111のアイデア』発売

合同出版は3日、内田義人著『今日から使える!特別支援iPad活用法 見える・わかる・できる・使える111のアイデア』を発売すると発表した。全国の書店・Amazon・楽天ブックスなどで販売する。

GIGAスクール構想が動き出し、子どもたち1人にタブレット端末1台が渡されるようになり、教育のICT化は一気に進んでいる。しかし一斉授業で使用するだけでは、タブレットの活用は十分とはいえない。とくに特別支援でタブレットを子どもたちの個性に合わせ設定し、使用することで無限の可能性が広がる。

同社では、iPadを特別支援でフル活用し、子どもたちの新しい「できる」を支援する目からウロコの活用法やアイデアが満載の最新刊を発売する。著者は公認Apple teacherで、公立小学校教諭である内田義人氏。内田氏は、小学校の通常学級担任、特別支援学級担当,特別支援学校担任,学部主事を経て,2021年度より小学校勤務。特別支援学校に勤務していたときに開発したアナログ教材「わかる君ウォッチ」がヒット。子どもたちの「使える」を目指したユニークなアイデアで、おもに特別支援教育の現場でのICTの活用方法を実践、研究している。

同書では、基本的な操作方法から、特別支援学校での実践を中心に、学習場面ごとにどう使ったら効果的かということを具体的に紹介する。まずは、「学校でやってみたい!」「使ってみたい!」「試してみたい!」と思えることが大切で、同書がそのスタートブックになることを狙う。

発売を記念して、9月11日にはオンラインイベント「「特別支援教育」オンラインセミナー はじめての特別支援iPad活用法 授業の可能性、子どもの学びが無限に広がる! 内田義人さん×佐藤里美さん×青木高光さん」を開催する。現場でiPadをフル活用する教員、研究者、技術開発&実践に携わる3名が登壇し、実践の指針となる考え方、導入に向けた機種選びや設定のノウハウやポイント、すぐに使えるアイデアや具体的な実践について語る。

イベント詳細・申込

関連URL

合同出版

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena Action 2022 来年度プロダクト・アップデート発表会 08.20(土) 14:00~17:00 ONLINE Special Talk Session
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 私立中学・高校様向け ICT利活用サポートデスク オンラインICT支援員 【限定】無料トライアル 参加校募集 NTTLS
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス