1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 法政大学、文科省主催事業に選定 オンライン学生国際交流プラットフォーム「e4square」始動

2021年9月22日

法政大学、文科省主催事業に選定 オンライン学生国際交流プラットフォーム「e4square」始動

法政大学は17日、文部科学省「大学の国際化促進フォーラム」に選定された「大学間協働による学生国際交流プラットフォーム構築プロジェクト」の基盤となる「e4square(イーフォースクエア)」をスタートすると発表した。

コロナ禍でリアルな交流が制限される中、オンラインの特性を生かし、「国境や大学の垣根を超えた、学生の創造的な交流の場の形成」「海外大学生との交流を“日常”にすること」を目指し、日本そして各国から集まった学生プランナー・学生特派員が、自由で柔軟な発想に基づくオンライン交流会の開催、学生生活をテーマにしたVlog(ビデオログ)の発信を行う。

e4squareのe4には、everybody(だれもが)、everyday(毎日)、exchange(交流する)に加え、学生自身が4つ目のeを決めるという意味が込められている。

学生プランナーは、オンライン交流会を企画実施。日本からは、法政大学のほか、千代田区キャンパスコンソーシアム大学の大妻女子大学、共立女子大学、東京家政学院大学、そして関西大学の学生が参加。海外からは、釜山外国語大学(韓国)、日越大学(ベトナム)の学生が参加し、アジアを中心に国や大学を拡充していく予定。

トークやセミナー、体験型企画(ダンス、料理など)、さまざまな企画の立案、当日の司会進行、開催報告の記事を執筆という一連の作業の実施を通じて、プロジェクトマネジメント力、チームビルディング力を涵養する。

第一弾の企画として、9月28日には、日本人学生企画「働きかたについて話そう」、10月1日には、韓国人学生企画「秋といえば思い浮かぶ食べ物、ことわざは?」が予定されている。

関連URL

法政大学

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 創造性を育む学びに Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス