1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. atama plus、学習ログ連携についての実証事業が経産省「未来の教室」に採択

2021年11月10日

atama plus、学習ログ連携についての実証事業が経産省「未来の教室」に採択

atama plusは9日、同社の「アセスメントとラーニングの学校内外での連携事業」が経済産業省の「未来の教室」実証事業に採択されたと発表した。

駿台グループと協力し、オンライン模試「駿台atama+学力判定テスト」とAI教材「atama+」を使って、学校内外での学習ログ利活用の可能性と実用化に向けた課題を検証する。

同社ではAI教材「atama+」を2017年から塾・予備校に提供している。また、2020年から駿台グループと共同で、高校生・既卒生を対象としたオンライン模試を開催してきた。このたび採択された連携事業では、学内外での学習ログ連携による生徒・官民の教育者への効果検証と、実用化に向けた課題抽出を行う。実証期間は今年9月~来年2月の半年間、私立岩倉高等学校と神奈川県立大磯高等学校で実証を行う。

具体的には、学校もしくは自宅でオンライン模試「駿台atama+学力判定テスト」を生徒が受験し(アセスメント)、正誤や判定された弱点などの模試結果は学校から駿台に共有される。その後、生徒は駿台によるコーチングを対面もしくはオンラインで受けながら、約2カ月後の模試まで「atama+」で数学を学習する(ラーニング)。駿台から学校には、各生徒の学習進捗や全体のつまずきの傾向などの学習ログが共有され、学校での指導に活用される。このようなアセスメントとラーニングのサイクルを、学校内外での学習ログの連携と組み合わせながら繰り返していく。

結果については3月に報告され、模試結果や生徒・教育者へのアンケート・インタビューをもとに、効果検証やより良い運用方法、教育者に負担をかけずに学習ログ連携を実用化するための課題などを明らかにしていく。

関連URL

atama plus

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 探究型の学びに最適! Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス