1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. UPDATER、川崎市立平間小で空気質計測器「MADO」活用した空気質モニタリングの実証実験

2021年11月19日

UPDATER、川崎市立平間小で空気質計測器「MADO」活用した空気質モニタリングの実証実験

UPDATER(旧社名:みんな電力)は、川崎市立平間小学校、プロバスケットボールクラブ「川崎ブレイブサンダース」と共同で、同小教室の空気質モニタリングで感染症対策などに与える影響を観察・検証することを目的とした実証実験を開始したと発表した。

頻繁にCO2濃度を気に掛ける子どもたち

川崎ブレイブサンダースは、2020年9月にSDGsプロジェクト「&ONE(アンドワン)」を立ち上げ、様々な取り組みを実施。その1つとして、以前からUPDATERの空気質計測器「MADO」を選手寮に導入し、空気質モニタリングを実施してきた。

今回の実証実験は、川崎ブレイブサンダースと共に川崎市のSDGs推進団体に所属する同小にも「MADO」を導入することで、CO2濃度などの空気質を「見える化」することがそれぞれのコミュニケーションにどのような影響を与えるか、また、CO2濃度1000ppm以下の環境が、職員や生徒の学習環境の集中力などのパフォーマンス向上に繋がるかについて観察・検証する。

「MADO」は、オフィスをはじめ、店舗や医療施設、教育施設など室内の空気中に含まれるCO2やPM2.5、揮発性のガスといった空気質の数値を計測し、24時間継続のグラフ管理を行うことで換気や対策機器の稼働を促す「空気管理のクラウドサービス」。

センサー機器で計測したデータはクラウドに送信され、事業者での一括管理や個別のタブレット機器に表示し、可視化した空気の状態をみんなで共有することができる。

実証実験の概要

実施時期:11月11日〜2022年11月30日(予定)
実験場所:川崎市立平間小学校[川崎市中原区上平間 1480]
実験の目的:実証実験教室を平間小の全教室に拡大し、空気環境がどのような状態であるか把握。必要があれば改善対策を検討するとともに、空気の状態や施設内での取り組みを職員・生徒・保護者などの関係者に「見える化」することがそれぞれのコミュニケーションにどのような影響を与えるか観察・検証
実験内容:MADO(空気質計測器)を活用した空気質モニタリング(川崎ブレイブサンダースとUPDATERから平間小学校に機器を贈呈)
詳細

関連URL

川崎市立平間小学校

DeNA川崎ブレイブサンダース

UPDATER

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
教育ソフトウエア 採点ナビ 無料お試し

アーカイブ

  • 探究型の学びに最適! Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • 学習者用デジタル教科書の活用環境を考える 詳しくはこちら
  • 教材・校務活用ポータル kyouzai.jpへ
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス