1. トップ
  2. データ・資料
  3. コクヨ、「小学生の夏休みの学習習慣」の実態をIoTデータなどで調査・分析

2021年9月1日

コクヨ、「小学生の夏休みの学習習慣」の実態をIoTデータなどで調査・分析

コクヨは8月31日、鉛筆に取り付けて日々の努力を「見える化」する、同社のIoT文具「しゅくだいやる気ペン」のセンサーデータ(対象ユーザー数約3000人)とユーザーアンケートをもとに分析した、「小学生の夏休みの学習習慣」の調査結果をまとめ発表した。

それによると、同ペンが動いている時間帯のピークは、普段は17時頃だが、夏休みに入ると朝9時頃になった。多くの子どもたちが、毎日午前中に机に向かっている姿がうかがえる。学年が上がるにつれ、同ペンが動いていた時間(電源がオンの時間)は長くなる傾向にある。

また、いずれの学年も夏休み前と比べて約1.2倍になっており、無理し過ぎず毎日コツコツと取り組んでいる様子がうかがえた。

一方、ユーザーアンケートの結果、毎日計画的にこなす「コツコツタイプ」が47%、夏休みの前半に宿題を終わらせる「スタートダッシュタイプ」が28%、計画は立てるものの実行できず終盤ギリギリにがんばる「ラストスパートタイプ」が13%だった。子どもたちが様々なスタイルで、夏休みの宿題を進めているのが分かる。

また、92%の子どもが、夏休みに同ペンが役立っていると回答。特に、アプリのカレンダー上で親に「花マル」を付けてもらえる機能が子どもたちのモチベーションになっている。

この調査は、「しゅくだいやる気ペン」センサーのデータは、6月22日~8月22日にかけて観測。回答数は2941人。また、同ペンのユーザーアンケートは、8月10日~20日にかけて実施。回答数は60人。

同ペン(オープン価格)は、スマホのアプリと連動して、子どもの日々の努力を「見える化」する商品。センサー付きアタッチメントを鉛筆に取り付け、勉強への取り組みに応じて溜まった「やる気パワー」をスマホアプリに取り込んで「見える化」する。

関連URL

調査結果の詳細

「しゅくだいやる気ペン」

コクヨ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Yubi Plus 先生方にもテレワークを! 狭山市実践事例 詳しくはこちら
事前登録制 お申し込み受付中 Classi GIGAスクール時代における学校教育・学習指導について考える会(無料) 9.21(水)16:00-/9.28(火)16:00-
NEWSサイト作成・運営 オウンドメディアに最適 wanitel

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • GIGAスクール構想 機器のお悩みはこちら 24時間365日受付
  • 採点はラクになる! デジタル採点システム 基本機能だけならずっと無料 YouMark Personal
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス