1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. アルファサード、やさしい日本語化を支援する「伝えるウェブ」にAI活用した新機能を追加

2021年11月30日

アルファサード、やさしい日本語化を支援する「伝えるウェブ」にAI活用した新機能を追加

アルファサードは26日、「機械学習によるやさしい日本語言い換え」サービスの「伝えるウェブ」に、やさしい日本語化言い換え後の文章をAIによって音声データ化し、ホームページ上で聞くことのできる新機能を追加したことを発表した。また、PowerCMS Xに同機能を追加した。

伝えるウェブの機能1つ目は、「ホームページの閲覧支援」。ホームページにJavaScriptコードを貼り付けるだけで、(1)やさしい日本語への自動言い換え、(2)ルビの追加、(3)ホームページの音声読み上げの機能を提供。

2つ目は「やさしい日本語エディタ」。伝えるウェブのもう一つの機能は、伝えるウェブの管理画面のリッチテキストエディタ上で自動言い換えの機能を利用できる。機械による言い換え後の文章を手動で調整できたり、人の手で作成した文章に一括でふりがな(ルビ)を付けたり、分かち書きすることのできる「やさしい日本語エディタ」。作成したふりがな付きテキストは、そのままMicrosoft Wordにコピー&ペーストでき、また、画像(PNG形式)、HTML、PDF、Microsoft Word、MP3のファイル形式にエクスポートできる。音声化については Amazon Pollyを利用している。

同社が運営する、やさしい日本語のニュースをやさしい日本語で発信するウェブメディア「やさにちウォッチ」で、伝えるウェブで音声化したやさしい日本語を聞くことができる。

また、PowerCMS Xのやさしい日本語エディタにも音声ファイルエクスポート機能を追加。同社の提供するCMS製品であるPowerCMS Xにも、伝えるウェブと同等のやさしい日本語エディタがあり、そちらについても今回と同等のMP3ファイルのエクスポート機能を追加。やさしい日本語での情報発信の負荷を大きく軽減するという。

関連URL

「やさにちウォッチ」

伝えるウェブ

アルファサード

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
教育ソフトウエア 採点ナビ 無料お試し

アーカイブ

  • 創造性を育む学びに Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • 学習者用デジタル教科書の活用環境を考える 詳しくはこちら
  • 教材・校務活用ポータル kyouzai.jpへ
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス