1. トップ
  2. データ・資料
  3. 23卒大学生、半数以上が「転職を意識」し、7割以上が「キャリア形成は企業に依存せず」 =ビズリーチ調べ=

2021年11月5日

23卒大学生、半数以上が「転職を意識」し、7割以上が「キャリア形成は企業に依存せず」 =ビズリーチ調べ=

ビズリーチは4日、同社のOB/OG訪問ネットワークサービス「ビズリーチ・キャンパス」が、同サイトに登録する2023年卒業・修了予定の大学生・大学院生合計476人を対象に実施した、「大学生活や将来のキャリアに関するアンケート調査」の結果をまとめ発表した。

それによると、「将来のキャリアを考える際に、企業に依存しないキャリア形成を意識しているか」の問いには、「やや意識している」46%、「強く意識している」25%となり、77%が「企業に依存しないキャリア形成」を意識していることが分かった。「あまり意識していない」は26%、「ほぼ意識していない」は3%だった。

また、「新卒で入社する会社を選ぶ際に将来の転職を視野に入れているか」を尋ねたところ、「やや意識している」38%、「強く意識している」17%となり、就活生の55%が「会社を選ぶ際に転職を視野に入れている」ことが分かった。「あまり意識していない」は35%、「ほぼ意識していない」は10%だった。

「転職を意識している」理由については、「不確実な社会であるため、会社に依存した人材よりも、汎用性のあるスキルを持ち、市場価値を高めることが、持続的に働くことや社会貢献するために必要であると考えるから」(東京大学)、「会社に雇われるのではなく、常に会社を選ぶことのできる、または抜てきされる人材になりたいから」(同志社大学)などのコメントが寄せられた。

一方、「転職を意識していない」理由に関しては、「第1志望をデベロッパー業界にしており、転職があまり多くないため」(一橋大学)、「もし現在自分が最も志望する企業に入れたなら、ジョブローテーションを通して理想とする複数通りのキャリアプランのいずれかを達成できると考えているため」(法政大学)などの声が寄せられた。

この調査は、「ビズリーチ・キャンパス」に登録している2023年卒業・修了予定の大学生・大学院生を対象に、10月11日~14日にかけて実施。有効回答数は476人。

関連URL

調査結果の詳細

ビズリーチ・キャンパス

ビズリーチ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
教育ソフトウエア 採点ナビ 無料お試し

アーカイブ

  • GIGAスクールで育む創造性 Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • 学習者用デジタル教科書の活用環境を考える 詳しくはこちら
  • 教材・校務活用ポータル kyouzai.jpへ
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス