1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 小学生が作ったオリジナルロボット「embotアイデアコンテスト 2021」最優秀賞が決定

2021年11月12日

小学生が作ったオリジナルロボット「embotアイデアコンテスト 2021」最優秀賞が決定

e-Craftは10月31日、小学生を対象としたロボットプログラミングコンテスト「embotアイデアコンテスト 2021最終選考会&表彰式」をオンラインで開催した。

「embotアイデアコンテスト」は、子どもたちに「プログラミングのスキルを用い、アイデアを形にする”デジタルなモノづくり”に挑戦してもらいたい」という想いから、2019年にスタートし、今年で3回目。

タカラトミーのプログラミング教育ロボット「embot」を使い、小学生が自由な発想でつくりあげたオリジナルのロボット作品を、「アイデア力」「工作力」「表現力」の3つの観点で審査し、優秀作を表彰した。

一次審査の結果、最終選考に12作品が選出。オンラインで開催した最終選考会では、作品動画によるプレゼンと質疑応答を行い、「最優秀賞」のほか、協力・協賛企業6社による優秀賞6作、さらに「審査員特別賞」6作が選ばれた。

最優秀賞は、大阪府の小学6年生、宮﨑勇斗(みやざきゆうと)さんの「守れ宝箱! ぼくのスーパーembotくん」。iPadを宝箱の蓋の部分に収納し、蓋を開けると、「スーパーembotくん」から警告音が鳴り響く防犯ロボットと宝箱で、宝箱のロックは、収納したiPadを取り出して一定の順序で傾けると解除できるという仕組み。

タカラトミー賞は「ペンペンファッションリーダー」樋口ことはさん(大阪府、3年生)。インフォディオ賞は「なんじ?なんぷん?ちくたっくん」佐藤航(わたる)さん(大阪府、5年生)。島村楽器賞は「花火embot」川本倖生(こうき)さん(大阪府、4年生)。キッズスター賞は「フィッシャーマンembot」小西慶義(みちよし)さん(東京都、2年生)。イオンリテール賞は「ハムハムだるま落とし」脇田理世さん(愛知県、4年生)。旭化成ホームプロダクツ賞は「ハンドボールガチ勢」酢豚のパイナップル/岩野新さん&清水悠介さん(大阪府、5年生)が、それぞれ受賞した。

関連URL

e-Craft

e-Craft shop

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • GIGAスクールで育む創造性 Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス