1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 小学生対象の「embotアイデアコンテスト」、3年ぶりにリアル開催

2022年11月29日

小学生対象の「embotアイデアコンテスト」、3年ぶりにリアル開催

embotアイデアコンテスト実行委員会は28日、小学生が「デジタルなモノづくり」に挑戦するプログラミングロボットコンテスト「embotアイデアコンテスト 2022」を、3年ぶりにリアル開催したと発表した。

2019年から始まった同コンテストは、コロナ禍となった過去2年はオンラインでの開催を余儀なくされたが、4回目となる今年は、11月13日に、ミニチュア・テーマパークの「スモールワールズTOKYO」(東京都江東区)を会場にして、3年ぶりのリアル開催。

コンテストの題材となるタカラトミーのプログラミング教育サービス「embot」は、ダンボールキットとサーボモーターやLEDなどの電子工作キットがセットになったプログラミングロボット。

無料の専用アプリでプログラミングを行うことで、自分のつくったロボットを動かすことができ、子どもたちのアイデア次第で自由に「ものづくり」と「プログラミング」を楽しめる教材として、小学校の授業にも活用されている。

同コンテストでは、「アイデア力」「工作力」「表現力」という3つのポイントで審査を行い、1次選考を通過した10人が、11月13に開催された「最終選考会」に臨んだ。

当日は、何度も試行錯誤を重ねてつくりあげた自慢の作品のデモを行い、工作やプログラミングの工夫した点などを紹介して、全員が堂々とプレゼン。その後の審査会を経て、最優秀賞、タカラトミー賞、e-Craft賞、審査員特別賞が決定し、表彰式が行われた。

2022年度の最優秀賞に選ばれたのは、大阪府に住む小学6年生・岩野新くんの「ボーリング」。岩野くんは、2021年度はチームで挑戦して入賞しており、今回は2度目の挑戦。

「ボーリング」は、ミニチュアのボーリングのピンを並べると、ロボットがボールを投げてくれるエンターテインメント作品。ボーリングのピンが倒れると「成功」「残念」と教えてくれるほか、実際のボーリング場のように投げたボールが戻ってくるなど、ボーリングを楽しく遊べる工夫が凝らされていた。

また、「embot」の企画・開発・研究を行う「e-Craft」は、11月28日からネットショップ「e-Craft shop」で、クリスマスキャンペーンを展開する。

【クリスマスキャンペーン概要】
実施期間:11月28日(月)13:00〜12月20日(火)17:00まで
特典:
・1700円(税込)以上購入で送料無料
・ラッピング無料
・ひらめきAPIお試し90日無料

詳細

関連URL

「embot アイデアコンテスト2022」

「スモールワールズTOKYO」

e-Craft

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス