1. トップ
  2. 学校・団体
  3. iTeachers TV Vol.299 北海道美深高等養護学校 加藤章芳 先生(後編)を公開

2021年12月1日

iTeachers TV Vol.299 北海道美深高等養護学校 加藤章芳 先生(後編)を公開

iTeachersとiTeachers Academyは1日、iTeachers TV Vol.299 北海道美深高等養護学校の加藤章芳 先生による「日本最北の高等支援学校でのICT活用(後編)」を公開した。

高等支援学校では“働く”という動機付けやマナーの観点から、「ICTによる支援ツールが本当に必要なのか」という意見が強くあったという。しかし、知的・発達障がいの特性として、知識が断片的になりやすかったり、抽象的な表現の理解の難しさがある。授業でのICT活用は、そうした認知の差を埋めるためのツールとしての役割があるという。また、プログラミング教育は、”プログラミング”という行為そのものの学習もさることながら、コミュニケーションや人間関係の形成を促す自立活動の指導にも繋がるのではないか。後編では、知的・発達障がいを有する生徒たちに対して行ってきた実践を紹介。知識・技能を中心とする授業展開から、思考・判断・表現する力を育成するための授業へ移行していくためのツールとして、ICT活用やプログラミング教育の実践事例を共有する。

加藤先生は、赴任以来8年間、情報教育とネットワークを担当。2019年度からは学校CIO(最高情報責任者)を務める。主にICT機器の導入や管理、校内のICT研修や教員のサポートに従事。「支援技術」としてのICT活用に力を入れている。Microsoft Innovative Educator Expert(2017-2022)、Google Certified Educator(Lv1&Lv2)、e-ATC(福祉情報技術コーディネータ3級)、ISF(情報セキュリティ初級)認定(2018)。

後半の「教育ICTなんでも3ミニッツ」。今回は、同志社中学校の反田 任 先生による「Keynoteのライブビデオを活用する」。

反田先生は、EdTech Promotions Manager(ICT教育推進担当)。2014年度からOne to One での iPad 導入や Wi-Fi ネットワークの構築を進めてきた。担当教科は 「英語」。ICTを活用しながら、知識、語学力、思考力、コミュニケーション能力をつける発信型の英語教育をめざしている。Apple Distinguished Educator Class of 2015,  Intel Teach マスターティーチャー。

iT-Lv2
□ 日本最北の高等支援学校でのICT活用(後編)

□ 日本最北の高等支援学校でのICT活用(前編)

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス