1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. ロジカ式、大学入試対策に日本語プログラミング言語の学習コースを新設

2022年2月14日

ロジカ式、大学入試対策に日本語プログラミング言語の学習コースを新設

ロジカ・エデュケーション(ロジカ式)は、日本語プログラミング言語なでしこを開発するくじらはんどと、2025年からの大学入試に導入される大学入学共通テスト手順記述標準言語(DNCL)対策として、日本語プログラミング言語「なでしこ」を用いた学習コースの新設を発表した。

「なでしこ」によるDNCLの学習イメージ

ロジカ式代表の関氏とくじらはんど代表の酒徳氏は、2004年度の未踏事業において、共に「スーパークリエータ」の認定を受け、それ以来の親交がある。ロジカ式は酒徳氏が開発する日本語プログラミング言語「なでしこ」のスポンサーとしてこれまで開発の援助を行ってきたが、「なでしこ」がDNCLに正式対応したことを受け、ロジカ式プログラミング教室の新コースとして「なでしこ」を全面採用した、日本語プログラミング言語コースの新設を決定した。

2020年から小学校でプログラミング教育が必修化され、2025年からは大学入試で「情報」が試験科目に加えられることになった。しかしながら現在の学校教育だけでは、2025年の受験生たちが「情報」の試験に十分備えることは難しいのが現状。

このコースではプログラミングだけではなく、「情報」そのものの理解を深められる学習内容も提供することで、Society 5.0時代の社会で必須となる知識とスキルをもった若者たちを育成していくという。

加えて、現在ロジカ式で中心となっている小学生を対象としたビジュアルプログラミング言語コースの修了後に、新設される日本語プログラミング言語コースを続けて履修し、その後に本格的なテキスト言語を学習すれば、より高いプログラミング学習効果を発揮するものと予想される。ロジカ式とくじらはんどは、2022年の9月からこの日本語プログラミング言語コースをスタートさせる予定だという。

関連URL

日本語プログラミング言語「なでしこ」

くじらはんど

ロジカ・エデュケーション

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 「ICT活用のハードルを下げる方法」とは? PDFで無料配布中 株式会社YEデジタル
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス