1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. AIで効率的にタイピングを習得!デジタル教材『らっこたん』無料実証自治体を募集中

2022年2月24日

AIで効率的にタイピングを習得!デジタル教材『らっこたん』無料実証自治体を募集中

教育ネットは16日、AIを活用して、苦手な部分を集中的に学ぶことで、短期間でタイピングを習得できる『らっこたん』の無料実証自治体を募集すると発表した。応募した自治体の小中学校は1年間無料で『らっこたん』を利用することができる。

『らっこたん』は、教育ネットとミラボが共同で開発している、タイピングスキル向上をメインとしたクラウド型デジタル教材。2020年度から小学校でプログラミングの授業が必修となり、2021年はGIGAスクール構想も本格的にスタート。それに伴って子どもたちにタイピングスキルの習得が必要となってきた。

『らっこたん』の特徴はタイピング練習機能にAIを組み込んでいること。AIにより苦手なところを集中して学び、効率的にタイピングスキルを伸ばすことができる。また、学習データを引き継ぐことで、利用している期間の習熟度の経過を見ることができる。

さらに、教育委員会が地域のタイピング技能の習得度合いを『地域全体』『学校別』『学年別』に確認することが可能。また、教師は子どもたちの学習状況を『学校全体』、『学年』、『学級』、『個人』単位で確認ができるので教師の負担軽減にもつながるという。


『らっこたん』はゲーム感覚で楽しみながら、タイピングスキルの向上を目指すことができるWebアプリケーション。また、タイピングの他にもクイズ形式で情報モラルを学ぶコンテンツも用意されている。

『らっこたん』タイピングの特徴はまず、ローマ字をまだ習っていない小学校低学年から始められるコンテンツが多数用意されていること。また、学年ごとに習う漢字や習う物語など、学校で使う・習う言葉を基準にすることで、徹底した学校での学習を意識して作られた練習コンテンツになっていること。そのめた、小学1年生から中学3年生までの児童生徒がそれぞれ興味を持ちながら利用できるのが大きな魅力だという。

『らっこたん』は神奈川県大井町の4校で実証導入されているが、実際に使用した児童生徒からは「楽しい」との声があがり、自発的に楽しくタイピング練習をしているという発言が多いという。また、教師からは「タイピングスキルが向上した」という意見だけでなく、「広告が出ないのがよい」、「子ども自ら自発的に使ってくれているので助かる」という意見があがっているという。

関連URL

『らっこたん』無料実証自治体募集中

ミラボ

教育ネット

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 「ICT活用のハードルを下げる方法」とは? PDFで無料配布中 株式会社YEデジタル
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス