1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. JMC、座間市立東原小学校に「新たな部屋」=「P’sラボ」を整備し研究を開始

2022年2月10日

JMC、座間市立東原小学校に「新たな部屋」=「P’sラボ」を整備し研究を開始

JMCは、神奈川県座間市立東原小学校に「新たな部屋」を整備。座間市教育委員会、神奈川県座間市立東原小学校とともに「子ども扱いしない大人な空間・子どもが背伸びし、自分から学びたくなる空間」に関する研究を開始したと発表した。

同社は、同校の学校教育目標「自ら学び、共に歩む」に沿って、旧多目的室を活用した新たな部屋づくりに取り組んだ。新たな部屋を「プログラミング学習」「パソコンやプロジェクターを使った学習」「プレゼンテーション」「プロジェクト」など、「P」からはじまる言葉から連想された「P’sラボ(ピーズラボ)」と命名。同社は、「P’sラボ」での学習活動を想定し、新しい授業スタイルに対応できる場、子供たちが自発的に学習に取り組める場、グループ活動など充実した協働学習ができる場となるよう、機材や什器を選選定し導入した。

例えば、子どもたちの机には、自由にレイアウトが変えられる可動式の5角形デスクを採用。可動式のチェアやホワイトボードとあわせて、グループ活動がしやすい環境を整備している。さらに、教室後方の壁面に広がる大きなホワイトボードやアレクサ、発表者をフィーチャーするダウンスポットライトを教室の前後2ヵ所に設置し、本格的なプレゼンテーションができるような設備を揃えた。

同社では今後も同市教育委員会、同校とともに、「P’sラボ」が「子ども扱いしない大人な空間・子どもが背伸びし、自分から学びたくなる空間」として効果的か研究を進める。さらに、同研究を通して「新たな部屋」で行われる学習活動の可能性や課題を明らかにし、ICTを活用した学習空間全体に関する提案や整備など、多様な学びに取り組むことができる環境整備に貢献する。

関連URL

JMC

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 「ICT活用のハードルを下げる方法」とは? PDFで無料配布中 株式会社YEデジタル
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス