1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. Duolingo、世界でウクライナ語の学習者200%増加

2022年3月7日

Duolingo、世界でウクライナ語の学習者200%増加

Duolingo, Inc. (Pittsburgh, USA)は3日、2月14日から21日の間に、ウクライナ語を学ぶ学習者が200%増加したほか、学習状況の変化があったことを発表した。さらに、Duolingoはウクライナ語、ロシア語、およびウクライナと戦争中の言語の使用に関する一般的な質問に答えるために[ウクライナ語入門書]を公開し、ウクライナ語とロシア語の概要、ウクライナで人々が話すこととその理由、言語の複雑さなどを解説した。

世界的に、Duolingoでウクライナ語を勉強している人の数は2月14日から2月21日の
間に200%増加した。成長は2月24日を中心にしている。

米国ではウクライナ語を学ぶ学習者が最も多く、ポーランドは5位から2位になった。これは、現在ポーランドに入るウクライナ難民への連帯と支援を示すための取り組みである可能性がある。

2月14日から2月21日の間に、ウクライナの学習者は18%減少した。

ウクライナ語は、Duolingoの世界の言語ランキングで10位にランクインし、33番目に
人気のある言語から21番目に人気のある言語になった。

ロシア語も増加傾向にあり、現在8位にランクされている。以前は9位にランクされて
いた。

ウクライナ語はウクライナの公用語。ウクライナ語はスラブ語であり、ロシア語、チェコ語、ポーランド語などの言語に関連している。ウクライナ語は言語の多様性が豊富な巨大な言語族となっており、現代のウクライナ語は、最も近い親戚であるロシア語やベラルーシ語と多くの共通点がある。ウクライナ語はキリル文字のバージョンを使用しており、ロシアの書記体系と多くの文字と共通点があるが、ウクライナ語には固有の音を表すいくつかのオリジナルの文字がある。

Duolingoは、ウクライナ語、ロシア語、およびウクライナと戦争中の言語の使用に関する一般的な質問に答えるために、ブログに[ウクライナ語入門書]を公開した。

[ウクライナ語入門書]

関連URL

Duolingo

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 「ICT活用のハードルを下げる方法」とは? PDFで無料配布中 株式会社YEデジタル
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス