1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. イージア、アメリカ発プログラミング教材の日本語版の提供を3月から開始

2022年3月10日

イージア、アメリカ発プログラミング教材の日本語版の提供を3月から開始

イージアは、全国の学習塾・学校に向けてアメリカ発プログラミング教材の日本語版の提供を3月から開始する。

同社は1月にプログラミング教材の開発や関連サービスの提供を行うアメリカのプログラミング開発会社と業務提携を行い、同社がアメリカの児童を対象に提供している自立型プログラミング学習サービスのMinecraft modding教材の日本語版制作、および日本国内販売を担当することとなった。

日本国内でのサービス名称を「V-code」とし、3月から全国の学習塾や学校に向けて販売を開始する。現在日本で提供されている同様のプログラミング教材はエリア制限が設けられている場合が多く、特に大都市や文教地区で新規の導入ができないケースが相次いでいたが、今回販売するV-codeはエリア制限を設けないため、今まで導入を断念していた大都市の教育機関からの引き合いも期待している。

新教材では、生徒は自分で画面や説明動画を見ながら学習できるので、指導側にプログラミングの知識や経験の必要がない。また、毎回の授業内容を確認するテスト機能が実装されている。2年間のカリキュラムでminecraft上に自分のワールドを構築するスキルを習得できるという。

関連URL

イージア

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 「ICT活用のハードルを下げる方法」とは? PDFで無料配布中 株式会社YEデジタル
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス