1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. イー・ラーニング研究所、大阪・摂津市の公立中学で実施した「キャリア教育出張授業」の模様を公表

2022年3月24日

イー・ラーニング研究所、大阪・摂津市の公立中学で実施した「キャリア教育出張授業」の模様を公表

イー・ラーニング研究所は23日、同社のキャリア教育用テーブルゲーム教材「子ども未来キャリア」を使って、大阪府摂津市の公立中学校で実施した「キャリア教育出張授業」の模様を公表した。


同授業は、摂津市教委と連携して、同市第5中学校で3月4日に実施。2年生の全2クラスを対象に、12種類ある学習テーマの中から、お金や時間を上手に使う必要性を考える「投資」と、複数の情報を正しく扱えるようにする「情報リテラシー」の2テーマで行った。

同社の担当者が講師を務め、テーマの概要やテーブルゲームのルールを説明。その後、生徒はチームに分かれ、互いにコミュニケーションを取りながら、自分たちで考え答えを導いた。

「子ども未来キャリア」は、なかなかイメージしにくい「キャリア教育」の内容を、テーブルゲームを通した体験型学習で「自分ごと化」しやすいのが最大の特徴。テーブルゲームの特性を活かし、双方間コミュニケーションによる参加型学習で、楽しみながら学習できる。

実際に、一緒に体験した教師からは、「生徒たちが難しいと感じるテーマも、ゲームが進むにつれ理解していく様子を目の当たりにした」などの意見が聞かれたという。

授業後に、体験した生徒たちに実施したアンケートでは、授業テーマの参考・理解度がともに約93%になっており、実際にゲーム感覚で体験できたことで高い満足度を得られたことが伺える。

「子ども未来キャリア」は、子どものときから夢や目標を持ち、グローバル社会で必要となる知識と能力を育む、キャリア教育用テーブルゲーム教材。

授業は、「QMIメソッド」と呼ばれるアクティブ・ラーニング型の独自メソッドを使って実施。テーブルゲームを通しての疑似体験だけでなく、子どもたちに具体的想起をうながすスライド教材を使用することで、「頭」と「体」で理解を深める。

関連URL

「子ども未来キャリア」

イー・ラーニング研究所

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 「ICT活用のハードルを下げる方法」とは? PDFで無料配布中 株式会社YEデジタル
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス