1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. NTT-AT、SSCPの公式トレーニングを日本語で提供

2022年3月30日

NTT-AT、SSCPの公式トレーニングを日本語で提供

NTTアドバンステクノロジ(NTT-AT)は28日、SSCP(Systems Security Certified Practitioner)の公式トレーニングの日本語での提供開始を発表した。

SSCPは、ネットワークやクラウドを利用したシステム開発や運用などに従事するエンジニアが、セキュリティに関して経営陣や情報セキュリティ専門家とコミュニケーションを図れ、適切な実装や運用を行うための知識をグローバルな標準に則って理解していることを証明できる資格。

技術領域のカテゴライズが他の(ISC)2資格と親和性が高く、将来的にCISSP、CCSP(Certified Cloud Security Professional)等の高度資格取得によるキャリアアップを目指す人にも適しているという。

現在、SSCP公式受講者ガイド第4版の翻訳を開始していて、公式トレーニングは、7月から日本語の教材を用いて一回あたり5日間日本語で行い、以降10月、2023年2月の開催を予定している。

関連URL

NTTアドバンステクノロジSSCP CBKトレーニングセミナー

NTTアドバンステクノロジ

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス