1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 「学研の科学」7月に復刊、創刊号のキットは「水素エネルギーロケット」

2022年4月4日

「学研の科学」7月に復刊、創刊号のキットは「水素エネルギーロケット」

学研ホールディングスのグループ会社、学研プラスは1日、実験キット付き科学書籍「学研の科学」を復刊させると発表した。創刊号のキットは「水素エネルギーロケット」で、7月7日に発売予定。

1963〜2010年にわたって刊行された、ふろく付き学年誌「1年~6年の科学」は、カメラや顕微鏡、生き物の飼育など、科学の体験を届ける3000以上の実験教材を開発してきた。

今回復刊する、新しい「学研の科学」は、実験キット、本誌、学習まんが「ひみつシリーズ」に加え、オンラインコミュニティ「学研の科学 あそぶんだ研究所」でのワークショップやイベントがセットになっている。

主役は、学研の教材開発ノウハウを惜しみなく注ぎ込んだ科学キット。創刊号の「水素エネルギーロケット」は、電池を使わずに手回しで発電し、水からつくった水素を爆発させて飛ばすロケット。

爆発は発射管の中だけで起こる安全設計で、家庭で安心して飛ばせる。自分の手で試行錯誤してロケットを飛ばしたときの感動は、忘れられない体験になる。

また、「学研の科学 あそぶんだ研究所」は、読者と編集部が一緒になり、科学で遊び尽くすオンラインコミュニティサイト。家庭からワークショップやイベントに参加したり、不思議に思ったことを編集部に質問したり、ここでしかできないオンライン体験が盛りだくさん。

本誌では、キットの魅力を最大限に引き出す遊び方や実験を多数紹介。創刊号は、本物のロケットの飛ぶ原理や、宇宙飛行士・若田光一氏のインタビューなどを掲載。

また、「ひみつシリーズ」は、学校や図書館で小学生に人気の学習まんが。1冊のまんがを通して、楽しく知識が身に付く。

創刊号の概要

発売日:7月7日(木)
価格:2970円(本体2700円+税10%)
判型:A4変形判/74ページ(本誌)
電子版:なし
購入:
・Amazon
・楽天ブックス
・ショップ学研+

詳細

関連URL

学研出版

学研

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 「ICT活用のハードルを下げる方法」とは? PDFで無料配布中 株式会社YEデジタル
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス