1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 学研、12年ぶりの復刊第1号『学研の科学 水素エネルギーロケット』発売後即重版

2022年8月10日

学研、12年ぶりの復刊第1号『学研の科学 水素エネルギーロケット』発売後即重版

学研プラスは9日、先に発売した『学研の科学 水素エネルギーロケット』の重版を決定した。価格は2970円(税込)。

最盛期には兄弟誌『学習』と合わせて月670万部を発行していたという雑誌『科学』が、2010年の休刊以来12年ぶりに復刊した。『学研の科学』は、組立キット、本誌、学研まんが『ひみつシリーズ』に加えて、オンラインコミュニティ「学研の科学 あそぶんだ研究所」がセットになった“ほんもの実験キット”。

復刊第1号は、未来のクリーンエネルギー・水素をテーマにした実験キットで、電池を使わずに手回しで発電し、水からつくった水素を爆発させてロケットを飛ばす。爆発は発射管の中だけで起きる安全設計なので、家の中でも安心して飛ばせる。脱炭素社会実現のために注目されている次世代エネルギー「水素」をテーマに、大人でもびっくりするような本格実験を楽しめる。

また、本誌では水素エネルギーロケットの遊び方や実験をたっぷり紹介。オンラインで記事に関連した動画も見られる。JAXA宇宙飛行士・若田光一さんのインタビューやNASAの研究者監修のロケットのしくみまんがなど、考える力や探究心を育む記事を展開している。

同誌は7月7日の発売と同時に売り切れ店が続出し、このたび重版を決定した。重版分は12月上旬頃に全国の書店、オンライン書店に入荷予定。

関連URL

「学研の科学」

学研

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス