1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. eラーニングシステム「LearnO」、IT教育コンサルティングサービスを開始

2022年4月14日

eラーニングシステム「LearnO」、IT教育コンサルティングサービスを開始

Mogicは13日、同社のeラーニングシステム「LearnO(ラーノ)」で、IT教育コンサルティングサービスの提供を開始したと発表した。

同社はこれまでに、「LearnO」をはじめ、大学や団体向けeポートフォリオサービス「Pholly」、オンラインスライドサービス「Limited」を提供してきたほか、自社の教育にも多くのITツールを独自開発してきた。

こうした同社の10年間の実績をもとに、今回、「LearnO」のIT教育コンサルタントをスタートさせた。

コンサルタントでは、まず、会社の風土や業務フローを分析して、最適な導入を検討。ゴールはどこで何を強化したいのか、対面のセミナーとオンラインの教育をどう役割分担すべきか、教材の作成から利用者のフィードバックまでをどうしたらいいかなど議論する。

具体的には、現状をヒアリングして課題や問題点を洗い出し、最低限の工数で効果が出る方法を模索。

同時に、中長期的にみて最も良い方法を検討し、場合によっては新しいプロジェクトを立ち上げるため、最低でも6カ月間は伴走する必要があるという。

「無料オンライン相談」(1時間程度)も設けられており、まずはこれを利用してIT教育コンサルタントとの相性を見極めるのが得策。

また、オンラインのIT教育システムであれば、「LearnO」以外のシステムでもサポートを行う。あくまでIT教育システムを含めた教育フローの最適化と効果検証が目的。

「LearnO」は、人材採用分野やインフラ分野まで、幅広い業種・業態にマッチングするeラーニングシステム。現在は、法人を中心に導入が進み、年間700社・35万人以上が利用。

コンサルティングコースの概要
・組織における教育体制のヒアリング
・従来の教育体制の課題洗い出しと考察まとめ
・現状の教育体制を踏襲した改善案の議論と決定
・中長期的な教育体制のあり方を議論
・中長期的な教育体制にむけたロードマップと方法論の策定
・中長期的な教育体制を作るプロジェクトキックオフと運営サポート

関連URL

「LearnO」

Mogic

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス