1. トップ
  2. データ・資料
  3. 「グループチャット」の利用 中学生は小学生の2倍 =キッズ@nifty調べ=

2022年4月27日

「グループチャット」の利用 中学生は小学生の2倍 =キッズ@nifty調べ=

ニフティは26日、同社の子ども向けサイト「キッズ@nifty」が、小中学生を中心とした子ども2737人を対象に実施した、「友だち・グループに関するアンケート調査」の結果をまとめたレポートを発表した。

この調査では、友だちとの連絡に使用するツールは何か、SNSで友だち同士のグループチャットがあるか、グループチャットで問題が起きたことはあるか、などについてアンケートを取った。

それによると、「友だちとの連絡方法で最もよく使うツール」を聞いたところ、小学生(39%)、中学生(66%)ともに「LINE」が最多だった。中学生では利用率が7割弱まで高まっており、LINEが主な連絡手段となっている様子がうかがえる。

「LINEなどのSNSで友だち同士のグループチャットがあるか」を聞いたところ、中学生の64%が友だち同士のグループチャットが「ある」と回答。小学生(32%)の2倍の割合になっていた。

「普段、グループチャットでどんなことを話しているのか」を聞いたところ、上位は「勉強・宿題のこと」(小学生59%、中学生58%)、「学校のこと」(同57%、64%)、「趣味の話」(同57%、48%)で、中学生では、小学生より「部活・クラブ活動」(同13%、41%)の割合が上昇していた。

「グループチャットで問題が起きたことはあるか」を尋ねたところ、約3割(34%)の子どもたちが、グループチャットで問題が起きたことが「ある」と回答。ただ、2020年の調査時よりもグループチャットでのトラブルの割合は減少していた。

「具体的にどんな問題があったのか」を聞いたところ、「会話について(悪口など)」52%が最も多く、以下、「メンバーについて(招待など)」30%、「通知で時間がとられる」29%、「既読ムシされる」26%、「会話に入れない」23%などが続いた。

「グループチャットについて正直どう思うか」を尋ねたところ、「いいと思う、気持ちが共有できて楽しい」、「クラスや部活の重要な連絡が回って来るから便利」、「通知がうるさいし、意味ない会話はできるだけやらないでほしい」などの声が寄せられた。

また、「SNSで友だちと気持ちよくやりとりをするためのアイデア」を尋ねたところ、「相手の気持ちを考えた文章にする」、「最初に友だちとルールを決める」、「既読がつかなくても責めない」、「絵文字などを使って気持ちを伝わりやすくする」などの意見が寄せられた。

この調査は、小中学生を中心とした子どもたちを対象に、3月18日~4月10日にかけて実施した。有効回答数は2737人。

関連URL

調査結果の詳細

「キッズ@nifty」

ニフティ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 「ICT活用のハードルを下げる方法」とは? PDFで無料配布中 株式会社YEデジタル
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス