1. トップ
  2. 学校・団体
  3. JDLA、「全国高等専門学校ディープラーニングコンテスト」の結果発表

2022年5月6日

JDLA、「全国高等専門学校ディープラーニングコンテスト」の結果発表

日本ディープラーニング協会(JDLA)は、4月28日・29日に、高専制度創設60周年記念「第3回全国高等専門学校ディープラーニングコンテスト(DCON)2022」の本選を開催した。

今回のDCON2022本選には、全41チームの中から予選を勝ち残った10チームが出場。全国各地から高専チームが東京に集い、審査員や観客を前に白熱のプレゼンテーションを行った。

最優秀賞には一関工業高等専門学校「TEAM MJ」チームの「D-walk」が選ばれた。同作品は、インソール型の足圧センサを靴に挿入し、加速度センサを搭載したスマートフォンを持って歩行を行うだけで、学習データをもとに認知症の推論を容易に行うことができるシステム。開発力と学生であることを感じさせない綿密なビジネスプランやプレゼンテーションが高く評価され、過去最高10億円の企業評価額、5億円の投資額で受賞し、副賞の起業資金100万円も授与された。

経済産業大臣賞は大島商船高等専門学校「大島商船 農業支援研究会」チームの「New Smart Gathering」が受賞。きくらげ採取というユニークな事業に着目し、ディープラーニングとVR、ロボティックスを組み合わせたアイデアで、ビジネスにもたいへん期待できる点が評価された。また、文部科学大臣賞には香川高等専門学校詫間キャンパス「Tutelary」チームの「NanShon健康状態見守りシステム」が選ばれた。

最優秀賞のほか第2位・第3位チームにも表彰とともに起業資金が贈呈され、各協賛企業から企業賞も贈られた。

関連URL

イベント公式サイト

日本ディープラーニング協会

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 「ICT活用のハードルを下げる方法」とは? PDFで無料配布中 株式会社YEデジタル
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス