1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 『NASEF JAPAN MAJOR LoL 2022』決勝、ルネサンス高等学校「強化QQ」が優勝

2022年5月16日

『NASEF JAPAN MAJOR LoL 2022』決勝、ルネサンス高等学校「強化QQ」が優勝

eスポーツを活用した教育や人材育成を支援する国際団体、北米教育eスポーツ連盟 日本本部は12日、“学び×競技”が一体化したeスポーツ大会第四回「NASEF JAPAN MAJOR League of Legends Tournament Spring 2022」を開催したと発表した。全国から59校の62チーム、333名が参加した。

同大会はeスポーツを通じた教育的価値提供の入り口として実施。eスポーツの定着を図ると共にその活動の中で参加する生徒たちに対し、ゲームを通した学習体験の提供を目的に開催しているもの。”学び×競技”、”eスポーツ大会2.0″を掲げるNASEF JAPAN MAJORの特色として、同大会から参加生徒に競技大会の参加だけではなく、教育プログラムとして「Beyond the Game Program」を実施。プロゲーマーによるスキルアップの他、チームゲームとしての心構えやマインド面にもフォーカスしたプログラムを実施した。

高校生を対象にした同大会は、3月22日〜 4月15日の間Beyond the Game Program実施期間を経て、4月23、24日にブロック予選を開催。5月7日に全国決勝大会が行われた。

決勝に進出したのは、ルネサンス高等学校「強化QQ」、ルネサンス大阪高等学校「ちーむありきゃ」の2校。決勝戦では3試合中2本先取したチームが勝利するBO3形式を採用。「ちーむありきゃ」が序盤を積極的に「強化QQ」側の陣地に攻撃を仕掛ける展開。中盤戦、攻められながら「強化QQ」は各チャンピオンの能力を生かし一気に逆転。「強化QQ」が1ゲーム目を先取。「ちーむありきゃ」は2ゲーム目も同じく序盤から積極的に仕掛けつつ、1ゲーム目の反省を生かした中盤まで堅実なゲームメイク。「ちーむありきゃ」が有利を保ったままゲームは進行したが、「強化QQ」が強烈なカウンターを合わせ、大きく試合を動かしそのまま相手の陣地を破壊して試合終了。その瞬間に2本先取した「強化QQ」が62チーム、333名の頂点となった。

関連URL

北米教育eスポーツ連盟 日本本部

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス