1. トップ
  2. 学校・団体
  3. コラボスタイル、駒澤大学・上智大学のワークフロー導入・活用事例を公開

2022年5月23日

コラボスタイル、駒澤大学・上智大学のワークフロー導入・活用事例を公開

コラボスタイルは20日、同社のクラウドサービス「コラボフロー」の駒澤大学・上智学院への導入・活用事例を公開した。

同社は、教育現場や官公庁の業務におけるデジタル化を支援するため、2021年からコラボフローの「アカデミック/ガバメントライセンス」の提供を開始した。1ユーザーあたり月額375円、年間4410円(税別)の特別価格で提供している。

駒澤大学では昨年1月からコラボフローを導入。施設利用や機器購入などの申請や決裁など約90種類のワークフローが稼動し、導入から半年の時点で、紙による運用と比較して約62.2%の時間削減を実現したという。

上智大学などを運営する上智学院では2020年8月からコラボフローを導入。稟議書・文書回覧など、多くの部署や管理職が同時に確認を行う帳票から優先的にデジタル化していき、経理部門などにも利用を広めている。その結果、学内からの取り合わせが大幅に減るなど、業務効率化に貢献している。

業務のデジタル化や効率化を目指す学校法人向けのセミナーを6月9日(木)14:00~15:00にオンラインで開催する。セミナーでは、駒澤大学、上智大学の事例を交えながら、学校法人ならではの課題の解決策を紹介する。申込は6月8日(水)15:00まで。

駒澤大学の導入事例

上智学院の導入事例

関連URL

「アカデミック/ガバメントライセンス」の詳細

セミナーの申込

コラボスタイル

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス