1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 日本ユネスコ協会連盟、「プロジェクト未来遺産2022」を募集

2022年5月23日

日本ユネスコ協会連盟、「プロジェクト未来遺産2022」を募集

日本ユネスコ協会連盟は19日、「プロジェクト未来遺産2022」の募集を発表した。

2019年登録:秋田の聖農・石川理紀之助の教えの継承と「草木谷」の環境保全活動(特定非営利活動法人草木谷を守る会)

日本ユネスコ協会連盟では、日本の豊かな文化や自然を100年後の子どもたちに伝えていくことを目的に、2009年から「未来遺産運動」を行っている。「未来遺産運動」は、地域の“たからもの”である文化や自然を未来へと継承していくため、日本各地で地道な努力を続ける “人”と“活動”に光をあて、応援する運動だという。

「未来遺産運動」では、コロナ禍以来3年ぶりに、地域が直面するさまざま課題に向き合いながら、身近な文化や自然の価値を大切に守り伝える市民の活動である「プロジェクト未来遺産」の募集を再開する。専門家による審査を経て、「プロジェクト未来遺産」として登録された活動には、登録証と活動応援金20万円が授与される。地域の“たからもの”を100年後の子どもたちに伝えたいという想いのもと、未来への継承に力を注いでいる団体からの応募をまっているという。

「プロジェクト未来遺産」には、これまでに、地域性を反映する歴史的町並みや、伝統芸能・祭事、自然環境などを対象とした、市民が主体となって行われている73の活動が登録されている。

選考は、未来遺産委員会の有識者ワーキンググループによって、有形文化、無形文化、自然の各分野で書類選考を行い、通過したプロジェクトに対して現地調査を実施する。その結果をもとに、12月の未来遺産委員会における協議を経て、「プロジェクト未来遺産2022」を決定する。

応募団体の要件、必要書類、応募書類送付先など詳細については未来遺産運動HPを確認する。

募集概要

募集対象:
(1)市民が主体となって地域の有形文化(建造物や遺跡など)を守り継承するプロジェクト
(2)市民が主体となって地域の無形文化(演劇・技術・祭りなど)を守り継承するプロジェクト
(3)市民が主体となって地域の自然(自然景観や生態系など)を守り継承するプロジェクト
※自然災害や感染症などの影響を受け一時的に活動ができていない場合でも、今後活動を継続する計画があれば応募は可能

応募期間:5月19日(木)~8月8日(月)必着
※受付期間を過ぎた書類は受け付けない。また、応募書類や添付資料は返却しない

未来遺産運動

関連URL

日本ユネスコ協会連盟

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス