1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 東京工芸大学、「2022年度 アート&テクノロジーマネジメント講座」を開催

2022年7月21日

東京工芸大学、「2022年度 アート&テクノロジーマネジメント講座」を開催

東京工芸大学は、創立100周年を記念して、メディアアートやアート&サイエンス、サイエンスコミュニケーションなどのマネジメントの基礎を学ぶ「2022年度 アート&テクノロジーマネジメント講座」を7月16日〜2023年3月4日まで開催する。

同講座は、テクノロジーの影響によって変容し続けるアートの表現形態や社会的位置づけを学ぶことで、今後、アートマネジメント従事者にとってさらに重要となるメディアテクノロジーや情報化社会、サイエンスに対する深い知識や洞察力を身に付けることを目的としている。

対象者は、メディアアート関連のマネジメントを自身のビジネスにしたいと考えている社会人、アーティスト、学生など。講師陣は、多方面で活躍している同学教員のほか、外部講師には、国内外でキュレーターとして活躍する山峰潤也氏や世界のアートサイエンスを伝えるメディア「Bound Baw」編集長の塚田有那氏らを迎え、今話題のAI、NFTアート、XRなど、多岐に渡るテクノロジー&アートのテーマを議論する。

開催概要

開催期間: 7月16日(土)〜2023年3月4日(土)
開催会場:東京工芸大学 中野キャンパス6号館3Fアクティブラーニングルーム 他 [東京都中野区本町2丁目9-5]
定 員:15名(定員に達したため募集を終了)
対象者:アートマネジメント職を志望する社会人、アーティスト、デザイナー、学生、教育関係者など

関連URL

東京工芸大学

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena Action 2022 来年度プロダクト・アップデート発表会 08.20(土) 14:00~17:00 ONLINE Special Talk Session
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 私立中学・高校様向け ICT利活用サポートデスク オンラインICT支援員 【限定】無料トライアル 参加校募集 NTTLS
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス